このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

熱中症を予防して元気な夏を!

更新日:2018年11月13日

熱中症を予防しましょう

夏に向けて、熱中症になる人が増えてきます。熱中症を知って、しっかり予防し、楽しい夏を過ごしましょう。

ここでは、熱中症の症状や応急手当を紹介しています。

救急車を呼んで、一刻も早く病院へ行くべき状態や症状についても紹介しています。当てはまる場合は、ためらわずに119番しましょう。

こちらもご覧ください!

熱中症とは?

熱中症の分類と対処方法

症状ごとの対処方法について説明

こんな時はためらわずに救急車を呼びましょう

自分で水が飲めなかったり、脱力感や倦怠感が強く、動けない場合はためらわずに救急車を呼んでください。意識がない、おかしい、全身のけいれんがあるなどの症状を発見されたかたは、ためらわずに救急車を呼んでください。

熱中症予防のポイント

部屋の温度をこまめにチェック。室温28度を超えないように、エアコンや扇風機を上手に使いましょう。のどが渇いたと感じたら必ず水分補給。のどが渇かなくてもこまめに水分補給。外出の際は体をしめつけない涼しい服装で、日よけ対策も。無理をせず、適度に休憩を。日頃から栄養バランスの良い食事と体力づくりを。

子供の特徴は、体温調節機能が未熟なため、熱中症にかかりやすい。

高齢者の特徴は、体温を下げるための体の反応が弱くなっており、自覚がないのに熱中症になる危険がある。

熱中症の応急手当。涼しい場所へ移動し、衣服をゆるめ、安静に寝かせる。エアコンをつける、扇風機、うちわなどで風をあて、体を冷やす。

全国熱中症情報はこちらから

埼玉県内の熱中症による救急搬送状況サイトはこちらから

熱中症
熱中症ポスター

越谷市では、夏期における熱中症による救急搬送の調査を実施しています。

熱中症による救急搬送者の内訳(平成26年度から平成30年度)

平成26年度内訳

平成27年度内訳

平成28年度内訳

平成29年度内訳

平成30年度内訳

熱中症による救急搬送者の推移(平成26年度から平成30年度)

救急搬送者の推移グラフ

熱中症による救急搬送者の程度別搬送状況(平成26年から平成30年)

程度別搬送状況グラフ

熱中症は予防ができる病気です。熱い夏を元気に過ごすため、熱中症のことをよく知り、しっかり予防しましょう。心臓や腎臓、その他持病をお持ちのかたは、夏の過ごしかたについてかかりつけの医師に相談し、上手にコントロールしましょう。

熱中症に関する外部サイト

総務省消防庁の熱中症情報サイトはこちらから

厚生労働省の熱中症関連情報サイトはこちらから

環境省の熱中予防連情報サイトはこちらから

熱中症予防5つのポイントはこちらから

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

消防本部 救急課(大沢二丁目10番15号(消防本庁舎))
電話:048-974-0107 ファクス:048-974-0105

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る