このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

平成29年度 埼玉県伝統工芸士認定

更新日:2017年12月27日

越谷甲冑職人の朝比奈 龍 氏が埼玉県伝統工芸士に認定されました

 越谷甲冑職人の朝比奈 龍 氏(40歳)が、平成29年度の埼玉県伝統工芸士に認定され、11月27日、知事公館で上田知事から認定証を交付されました。
 甲冑工房 有限会社 朝比奈は、60年位前に朝比奈 氏の祖父が東京で修行後に独立。職人が多く、また、東京からも問屋の多い岩槻からも近く、立地の良かった越谷へ移転し40年以上、祖父と父と三代続けて伝統工芸士に認定されているとのことです。
 朝比奈 氏は越谷生まれで、越谷総合技術高校で学び、卒業後は警備の仕事をしながら、自動車レースの夢を追っていましたが、祖父が亡くなったことで、「家業を継がなくては」と28歳で職人の世界へ入りました。

 若くして伝統工芸士に認定された朝比奈 氏は職人となって、節句人形の業界が少子化で大変な状況であると感じ、市内同業者の若手職人らと切磋琢磨し、本業の甲冑作りの傍ら、新商品開発に取り組みはじめました。
 昨年は、甲冑の「威し(おどし)」と呼ばれる独特の技法で作られたスマートフォンのカバーが、「埼玉県伝統工芸品等新製品開発コンテスト」で最優秀賞を受賞しました。
 「新商品開発は勝手がわからず大変だが、後悔はしたくない。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、この2〜3年が勝負」と、受賞後も新たな取組みに挑戦しています。
 朝比奈 氏は、職人は常に勉強、伝統工芸士の名に恥じぬようにと決意を新たにされていました。

埼玉県伝統工芸士

 埼玉県では、埼玉県伝統的手工芸品の製造経験が12年以上あり、高度な技術・技法を有する方を埼玉県伝統工芸士に認定しています。
 平成29年度は、越谷甲冑の朝比奈 氏のほか、行田足袋、小川和紙(細川紙)の職人の計3人が埼玉県伝統工芸士に認定されました。

関連情報

スマートフォンカバーや有限会社 朝比奈の企業情報はこちらをご覧ください

お問い合わせ

環境経済部 産業支援課(東越谷一丁目5番6号(産業雇用支援センター内))
電話:048-967-4680 ファクス:048-967-4690

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

PR活動・メディア掲載

このページを見ている人は
こんなページも見ています

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る