現在のページ 越谷市公式ホームページ の中の 越谷市議会トップページ の中の 議会の審議情報 の中の 請願・陳情 の中の 平成28年6月定例会 のページです。

サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年6月定例会

更新日:2016年11月7日

請願

請願(平成28年6月7日更新)
受理番号 件名 付託委員会名
28請願第1号 重度心身障害者手当を精神障害者保健福祉手帳2級所持者にも支給することを求める件 民生常任委員会

28請願第1号

重度心身障害者手当を精神障害者保健福祉手帳2級所持者にも支給することを求める件

《請願の要旨》 
 越谷市では、精神疾患・精神障害者への支援が他の自治体と比較して遅れており、他の障害者との比較においても格差が生じております。つきましては、精神障害者保健福祉手帳2級所持者も他の身体・知的障害者と同様に「重度心身障害者手当」の適用対象とし、身体・知的障害者に準ずる手当を支給して下さい。

《請願の理由》
1.心の病の特徴
 心の病(精神障害者)の病人である当事者は当事者本人に“病識”(自分が病気であるという意識)がない場合が多く(特に統合失調症患者)、加えて、病気の当事者が五体満足で外見上は「ふつう」に見えることが通常です。
 しかし、この病気は脳の中に何らかの大きな変化が起こり、その脳内の変化は同居する家族にさえわかりません。脳の中の変化によって当事者は、以前はできていた事が出来なくなり、学業不振となったり、仕事を失ったり、アルバイトさえ続けてゆくことが困難となり、ひいては人生の途中から、結果として貧困にさらされ、社会的弱者に押しやられることになります。
 また、人生の途中から精神障害者となった子・伴侶を持つ“家族”は周りに理解してもらえない苦悩や経済の不安をたくさん抱えています。これらの事情により、当事者やその家族からは精神障害の大変さを直接世に訴えるということが依然として困難な状況にあります。
2.越谷市における精神障害者への処遇
 現在、越谷市の「精神障害者」への手当は以下の点において遅れがあります。それは、埼玉県内の他の自治体では支給されている「精神障害者保健福祉手帳2級所持者」への手当が越谷市においては全く出されていないことです。この取扱いの理由については、外見上、精神障害者が前述のとおり「ふつう」に見える事によるものであるかどうかは不明です。
 しかしながら、要保護性の観点からとらえなおすと、精神障害者保健福祉手帳2級所持者に対する手当支給の必要性は他の「身体障害者」「知的障害者」と同様に大きいものと思慮します。
 そこで、この点を2006年に発効された障害者自立支援法により「身体障害・知的障害・精神障害が同じ位置づけに一元化」されたことに鑑み、「身体障害者」「知的障害者」の手当に準じた支給、すなわち、越谷市においても「精神障害者保健福祉手帳2級所持者」への「重度心身障害者手当」を支給するようにお願い致します。
3.中核市としての越谷市
 平成27年4月、越谷市は「中核市」へ移行しました。この中核市移行に伴い、保健所業務をはじめ、約2000項目の事務が県から移譲され、市民に対して「きめ細やかなサービスが提供できるようになった」とされています。
 精神障害者保健福祉手帳2級所持者に対する「重度心身障害者手当」支給の実現は、中核市としての越谷市の位置づけに沿うものと考えます。

お問い合わせ

議会事務局 議事課(本庁舎4階)
電話:048-963-9261 ファクス:048-966-6006

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから
  • 議会のあらまし
  • 議員の紹介
  • 議会の審議情報
  • 議長交際費・政務活動費
  • 議会中継
  • 議会だより
  • 会議録検索
  • リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

ローカルナビゲーションここまで

このページの上へ戻る

以下 奥付けです。
越谷市議会事務局 〒343-8501 埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号 電話:048-963-9261
市役所へのアクセスと業務時間