このページの先頭です
このページの本文へ移動
越谷市
サイトメニューここから

越谷市役所

〒343-8501 埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号(地図・庁舎案内開庁日時のご案内) 電話:048-964-2111(代表)(各課直通番号


サイトメニューここまで

本文ここから

安齋 省吾さん(南荻島)

更新日:2017年2月28日

プロフィール

安齋 省吾(あんざい しょうご)さん
埼玉県ゆかりの音楽家を表彰する平成28年度下總皖一(しもおさかんいち)音楽賞を受賞。長年にわたり雅楽の演奏や指導を行い、雅楽の普及に尽力していることが評価された

40年以上にわたって国内外での式典や催しで雅楽の演奏を披露

安齋省吾さんの写真

 受賞について尋ねると、「まさに寝耳に水でした。ずっと宮内庁楽部(国内外の式典や演奏会で雅楽の演奏を行う部署)の1人としてやってきましたので、私個人としてこのような賞を頂くことは初めてです」と笑った。
 雅楽は、歌・管(笛)・舞・絃(琵琶や筝)・打楽器などで構成される。管と舞はさらに細かく分類され、安齋さんは、管は「龍笛」、舞は「左舞」を担当した。
 小学5年生のときに雅楽に出会った。近所に楽部の事務官が住んでいた縁で、雅楽の演奏を聴きに行ったことがきっかけだった。もともと音楽に興味があったこともあり、中学1年生から宮内庁で雅楽を学び始めた。

安齋省吾さんの写真
明治神宮での演奏会で龍笛を吹く安齋さん

 雅楽で生きていくと決めたのは中学3年生のとき。雅楽をやめて普通に高校へ通う道もあったが、昼間は雅楽を学び、夜は定時制高校へ通う生活を選んだ。雅楽と勉学を両立するため、帰宅は毎日夜遅くになった。「昼間習ったことは翌日までに覚えないといけないので、布団の中で譜を確認してから眠りました」と当時を振り返る。雅楽を学ぶ楽生として9年間を過ごし、晴れて演奏会などで演奏を行う楽師となった。
 以来、40年以上にわたって国内外での式典や催しで演奏を披露。定年(65歳)を迎えるまでの4年間は、楽部を取りまとめる首席楽長も務めた。今後については、「体が動く限り現役でありたい」と話す。「雅楽は日本の音楽の原点です。私が各地へ赴き演奏を行うことで、地域に残る雅楽の伝統を少しでも掘り起こし、全国で雅楽が演奏されるようにしたい。そのためには、少しでも雅楽に触れる機会を増やすことが大切です」。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。用語解説の内容等については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

市長公室 広報広聴課(本庁舎2階)
電話:048-963-9117 ファクス:048-965-0943

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

越谷市役所

〒343-8501 埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号 電話:048-964-2111(代表) 開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分 法人番号:6000020112224
Copyright © Koshigaya City. All rights reserved.