このページの先頭です
このページの本文へ移動
越谷市
サイトメニューここから

越谷市役所

〒343-8501 埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号(地図・庁舎案内開庁日時のご案内) 電話:048-964-2111(代表)(各課直通番号


サイトメニューここまで

本文ここから

越ヶ谷久伊豆神社

更新日:2016年2月25日

 越ヶ谷久伊豆(ひさいず)神社は、創建の年代は不詳ですが、平安時代の中期以降、武蔵七党の一つである私市党(騎西党)の崇敬も篤く、除災招福の神として武士や庶民の信仰を集めてきました。古来より四丁野村、越ヶ谷宿、大沢町、瓦曽根村、神明下村、谷中村、花田村の七ヵ村の総鎮守とされ、明治政府により、当地の総鎮守として郷社に列格されました。本殿裏手の社叢は市指定記念物(名勝)です。
 本殿は寛政元年(1789)に建立されたものであり、第三鳥居は、伊勢神宮第61回遷宮に際し、撤下された皇大神宮の南板垣御門の古材を用いて建立されたものです。江戸後期の国学者平田篤胤奉納の絵馬や越谷吾山句碑(市指定記念物)があり、境内の藤は、埼玉県指定の天然記念物です。延宝3年(1675)に建てられた手水舎には、「登龍門」の彫り物がされており有名です。

久伊豆神社
久伊豆神社

藤と久伊豆神社
藤と久伊豆神社

 花は5月上旬が見ごろで、このころ例年藤まつりが行われ多くの人で賑わいます。天保8年(1837年)越ヶ谷町の住民で久伊豆神社内に出店を開いていた川鍋国蔵が、下総国流山から樹齢50余年の藤を舟で当所に運んで植樹したと言われています。昭和16年に県の天然記念物に指定されました。幹は、地際から7本に分かれ、株廻り7.3m、樹齢200余年ほどの古木です。

樹齢200余年ほどの藤
樹齢200余年ほどの藤

初詣の客でにぎわう久伊豆神社
初詣の客でにぎわう久伊豆神社

越ヶ谷久伊豆神社までの行き方

(1)東武伊勢崎線越谷駅東口下車、市立図書館行きの朝日自動車(株)バスにのって、新宮前橋バス停下車すぐ
(2)東武伊勢崎線北越谷駅東口下車、吉川駅北口行きの茨城急行自動車(株)バス(のりば:4番)にのって、久伊豆神社入口バス停下車徒歩2分

越谷市内のバス時刻はこちらで確認できます。

周辺地図

関連リンク

久伊豆神社(公式サイト)

問い合わせ

越ヶ谷久伊豆神社
電話:048-962-7136

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

越谷市役所

〒343-8501 埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号 電話:048-964-2111(代表) 開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分 法人番号:6000020112224
Copyright © Koshigaya City. All rights reserved.