このページの先頭です
このページの本文へ移動
越谷市
サイトメニューここから

越谷市役所

〒343-8501 埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号(地図・庁舎案内開庁日時のご案内) 電話:048-964-2111(代表)(各課直通番号


サイトメニューここまで
現在のページ 越谷市公式ホームページ の中の 観光・催し の中の ときめきインタビュー の中の モデル/商品プロデューサー 益若つばさ さん のページです。

本文ここから

モデル/商品プロデューサー 益若つばさ さん

更新日:2012年6月15日

私の商品がきっかけでメイクが好きになり、自分に自信をもってもらえたら素敵ですね。

雑誌やブログで身につけたものは常に爆発的人気。を呼ぶなど「限りなく読者に近いモデル」としてティーン世代の圧倒的な支持を得ている益若つばささん。ファッションやメイクが大好きと話す益若さんですが、“素顔”の彼女はどんな女性(ひと)?事務所を訪ね、子どものころのこと、越谷に対する思いなど、話を伺いました。

益若つばささんプロフィール写真

プロフィール

1985年10月13日生まれ。蒲生南小学校、南中学校、草加東高校卒業。
17歳のときに「Popteen」の読者モデルとして初登場。CMやドラマなど多数のテレビ番組への出演のほか、化粧品やアパレル商品のプロデュースなど、幅広く活動。
昨年にはMilkyBunny名義でアーティストデビュー。ファーストアルバム『MilkyBunny』も絶賛発売中。

ファッションへのこだわりは自分の名前へのコンプレックスから

 「子どものころは、自宅近くの用水路でカエルやザリガニを捕まえたりして遊んでいました」
 子どものころの自分を「男の子みたいでしたよ」と話す益若さんですが、名前が原因で本当によく男の子に間違えられたそうです。
 「名前(本名)が『翼』なので、男の子によく間違えられました。それがすごく嫌で、洋服にこだわって女の子らしく見えるようにしていました。通っていた保育所ではスカートが禁止されていたので、家に帰るとスカートに履き替えて外に遊びに行ったり、髪を伸ばしたり、ファッションに人一倍こだわっていました」
 実は、ご両親は男の子が生まれてくると思っていたそうです。
 ファッションへのこだわりは、中学生になっても続きます。
 「中学生のときは、おしゃれがしたくて髪を染めたり、スカートの丈を短くしたりして、先生に怒られました。でも、見た目だけで悪く判断されたくなかったから、勉強もしましたよ。数学や英語は駄目でしたけど、国語は作文が得意で5段階評価でいつも5。美術や書道、音楽も好きでした」

人見知りが激しくて自分の意見が言えない

 高校生のとき、都内でたまたま撮影されたスナップ写真が10代の女性向けファッション雑誌に掲載されたのをきっかけに、益若さんは卒業後、雑誌のモデルとして本格的に活動を開始します。しかし、そんなおしゃれで活発な彼女にも意外な一面が…。
 「学生時代はすごい人見知りで、自分に壁を作って、自分の意見が言えませんでした。雑誌のモデルの仕事をするようになってから『どう思っているか分からなくてとっつきにくい』と友達に言われたことがあって、言葉にしないと伝わらないし、逆に相手に気を遣わせていたんだって気づいたんです。それ以来、自分から打ち解けていこうと努力するようになって、友達もたくさんできるようになりました。その友達から『あなたともっと仲良くなりたいから言うんだよ』と言われたのがすごくうれしくて、今も感謝しています」
 ファッションも、昔はしゃべるのが苦手だったため、自己表現の手段だったと言います。
 「話すとおとなしいけど見た目は派手。本当の自分はこうなんだよ、みたいな。洋服や髪で自分を表現しようとしていました」

メイクの楽しさをみんなにも知ってほしい

 モデルやタレント、歌手など幅広く活動中の益若さんですが、現在の仕事の中心は、化粧品などの商品開発だそうです。
 「自分の欲しい物が形になり、それを手にした子たちから『メイクが楽しくなった』『好きな人にかわいいと言ってもらえた』と聞くと、すごくうれしく思います。私もメイクが大好きで、メイクの楽しみを知らないのはもったいないと思っていましたから」
 また、今後は音楽活動にも力を入れていきたいと話していました。
 「詩には、自分自身のすべてを表現できます。音楽は、商品開発の経験や洋服の知識など、これまで学んできたことを全部生かすことができて、難しいけど新鮮で、楽しみながらやっています」

ずっと住むなら越谷

益若さんからかわいいメッセージをいただきました
益若さんからかわいいメッセージをいただきました

 今は市外に住む益若さんですが、実家のある越谷には、たびたび戻ってくるそうです。

 「越谷は都内にも近いし、こんなに住みやすくて落ち着く場所はないと思っています。ずっと住むなら越谷ですね。おいしいお店もいっぱいあるので、仕事帰りなどにマネージャーや現場のスタッフを誘って、越谷のお店を案内しています。今でも越谷を堪能しているんですよ」

益若つばささんメイン写真

広報こしがや季刊版 平成24年夏号(平成24年6月15日発行)に掲載

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。用語解説の内容等については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

市長公室 広報広聴課(本庁舎2階)
電話:048-963-9117 ファクス:048-965-0943

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

ときめきインタビュー

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

越谷市役所

〒343-8501 埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号 電話:048-964-2111(代表) 開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分 法人番号:6000020112224
Copyright © Koshigaya City. All rights reserved.