このページの先頭です
このページの本文へ移動
越谷市
サイトメニューここから

越谷市役所

〒343-8501 埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号(地図・庁舎案内開庁日時のご案内) 電話:048-964-2111(代表)(各課直通番号


サイトメニューここまで

本文ここから

高額療養費の自己負担限度額表

更新日:2014年3月27日

医療費の自己負担額が高額になったとき、限度額を超えた分が申請により高額療養費として支給されます。

70歳未満の人の場合

70歳未満の人の自己負担限度額表(月額)
所得区分 自己負担限度額(月額)
一   般 80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
ただし、過去12か月間に3回高額療養費の支給があった場合、4回目以降は44,400円
上位所得者(※) 150,000円+(総医療費-500,000円)×1%
ただし、過去12か月間に3回高額療養費の支給があった場合、4回目以降は83,400円
低所得者世帯
(住民税非課税世帯)
35,400円
ただし、過去12か月間に3回高額療養費の支給があった場合、4回目以降は24,600円

※上位所得者とは、基礎控除後の総所得額などが600万円を超える世帯をいいます。
※所得の申告が行われていないなどにより所得判定の出来ない場合は、上位所得者とみなされます。

70歳未満の人の自己負担額の計算にあたっての注意

1.月の1日末日まで、暦月ごとの受診について計算します。
2.同じ医療機関でも、内科などと歯科がある場合、歯科は別計算です。
3.同じ医療機関でも、外来と入院は別計算。外来は診療科ごとに計算する場合があります。
4.2つ以上の医療機関にかかった場合は、別々に計算します。
5.入院時の食事代や差額ベッド料などは支給の対象外です。
6.自己負担分の医療費が21,000円未満の場合は、件数が多くても合算することはできず、除外となります。

同じ世帯で合算して限度額を超えたとき

  • 一つの世帯内で、同じ月内に21,000円以上の医療費(自己負担額)を2回以上支払った場合、それらを合算することができます。
  • 合算した分が自己負担限度額を超えた場合、申請をすることにより超えた分が支給されます。

70歳以上75歳未満の人の場合

70歳以上の人の自己負担限度額表(月額)
所得区分 自己負担限度額(月額)
外来のみ
(個人単位)
入院+外来(世帯単位)
一 般 12,000円 44,400円
   現役並み所得者              (※1) 44,400円 80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
ただし、過去12か月間に3回、入院を含む高額療養費の支給があった場合、4回目以降は44,400円
   低所得者 2 8,000円 24,600円
   低所得者 1 8,000円 15,000円
  • 現役並み所得者:同一世帯に住民税課税所得が145万円以上の70歳以上75歳未満の国保被保険者がいる人
  • 低所得者2:同一世帯の世帯主及び国保被保険者が住民税非課税の人で、低所得者1に該当しない人
  • 低所得者1:同一世帯の世帯主及び国保被保険者が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる人

70歳以上75歳未満の人の自己負担額の計算にあたっての注意

1.月の1日から末日まで、暦月ごとの受診について計算します。
2.外来は個人ごとにまとめますが、入院を含む自己負担限度額は世帯内の70歳以上75歳未満の人で合算して計算します。
3.病院・診療所、歯科の区別なく合算して計算します。
4.入院時の食事代や差額ベッド料などは支給の対象外です。

関連情報
後期高齢者医療制度加入の方はこちら
入院や、高額な外来診療を受けられる方へ
入院時食事療養費
【よくある質問】
高額療養費とは、その申請方法とは?

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。用語解説の内容等については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

福祉部国民健康保険課給付係
電話:048-963-9154
FAX:048-966-0560

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

越谷市役所

〒343-8501 埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号 電話:048-964-2111(代表) 開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分
Copyright © Koshigaya City. All rights reserved.