このページの先頭です
このページの本文へ移動
越谷市
サイトメニューここから

越谷市役所

〒343-8501 埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号(地図・庁舎案内開庁日時のご案内) 電話:048-964-2111(代表)(各課直通番号


サイトメニューここまで

本文ここから

越谷市の主な子育て支援事業のごあんない

更新日:2017年6月26日

越谷市の主な子育て支援事業と問い合わせ先の一覧です。
市役所子育て支援課の窓口でも配布しています。

越谷市の主な子育て支援事業のごあんない
事業名 内容 対象者等 利用料等 担当課所 手続き等
1 出産・育児
  母子健康手帳 妊娠された方に、母子健康手帳を交付しています。また、別冊として妊婦健康診査助成券をお渡ししています。 妊娠された方 無料 市民健康課
(保健センター)
978-3511
妊娠が医師により診断されたらすみやかに、保健センター、市役所市民課、北部・南部出張所の窓口へ妊娠届出書を提出してください。妊娠届出書は、申請窓口にあります。
  母親学級
両親学級
妊娠、出産、育児に関する正しい知識を身につけるための講習会です。地域の中での仲間作りもできます。
3日間で1コースの教室です。3日目はご夫婦でご参加ください。
【内容】
1日目:オリエンテーション、妊娠中の栄養、調理実習
2日目:歯科保健、妊婦体操、お産の経過
3日目:沐浴実習、新生児の保育、妊婦体験(夫)
妊娠16週〜28週の方とその夫
※初産婦の方優先
1日目のみ実習材料費として1人500円 市民健康課
(保健センター)
978-3511
母子健康手帳交付時の資料に年間予定表があります。また、ホームページや保健カレンダーで日程を確認の上、市民健康課に電話でお申込みください。申し込み期間初日から先着順で受け付けます(受付時間8:30〜17:15)。定員になり次第、締め切ります。
  妊婦健康診査 14回分の助成券が交付されます。健やかな妊娠・出産のために、妊娠週数に合わせた健診を受けましょう。 妊娠中の方 助成券の上限額を超えた分は、自己負担になります 市民健康課
(保健センター)
978-3511
母子健康手帳と一緒に交付される妊婦健康診査助成券(公費負担14回分)を受診時に医療機関へ提出してください。
委託医療機関以外で受診する場合は、助成券は使えません。出産後、別途助成を受けるための手続きをしてください(領収書等が必要です)。
  予防接種 BCG、4種混合、ヒブ、小児用肺炎球菌、麻しん風しん混合、水痘、日本脳炎、B型肝炎、ヒトパピローマウイルス、2種混合の予防接種を実施しています。
【必要なもの】
@予防接種予診票、A母子健康手帳
接種年齢のお子さん 無料 市民健康課
(保健センター)
978-3511
乳幼児期に必要な予診票(麻しん風しん2期を除く)は、生後2か月頃に、そのほかは、該当の年齢に通知しています。これらの通知を確認の上、接種をお受けください。また、保健カレンダー、ホームページでもお知らせしていますので、ご確認ください。転入した方や市外の医療機関で接種希望の方は市民健康課へご連絡ください。
  入院助産制度 保健上必要があるにもかかわらず、経済的理由などにより、入院助産を受けることができない場合に、認可助産施設で助産を受けることができます。
妊産婦 所得に応じて費用負担あり 子育て支援課
入院助産制度担当
963-9172
事前に入院助産制度担当までご相談ください。
  出生届 出生した際の届出です。
【必要なもの】
@医師または助産師の出生証明書、A届出人の印鑑、B母子健康手帳、C国民健康保険者証(加入者)
生まれた子の父母 市民課戸籍担当963-9192 生まれた日から14日以内(生まれた日を含みます。)に、父母の本籍地か届出人の所在地、または子の生まれた所の市区町村に届け出ます。原則として、届出人は父母。
  妊産婦・新生児訪問 助産師または保健師が、妊婦や赤ちゃんとお母さんを訪問し、育児などの相談をお受けします。助産師または保健師から電話をかけ、日時をお約束した上で、ご自宅に訪問します。
【内容】
・赤ちゃんの計測、発育・発達や育児、母乳のこと、お母さんの体のことなどの相談
・行政サービスの紹介
・妊娠中の不安等の相談など
生後4か月未満までのお子さんとお母さん全員、妊娠中で妊娠、出産に不安のある方 無料
※助産師の訪問は産後のみ(1回)
市民健康課
(保健センター)
978-3511
母子健康手帳と一緒にお渡しした母子健康手帳別冊にある「出生連絡票」に記入し、こども医療費受給資格登録申請時に市役所子育て支援課または北部・南部出張所に「出生連絡票」を提出してください。
  産後支援事業 助産師が出産後のお母さんの身体的、精神的な悩みや不安、新生児の保育などの疑問等の相談や実践的ケア(母乳ケア等)を行います。 越谷市に住民票がある産後4か月未満のお母さんで、母乳育児に不安を感じており、訪問や相談希望のある方 予約時に、助産師に確認してください。市はそのうち1,000円を負担します。助成は1回のみ 市民健康課
(保健センター)
978-3511
母子健康手帳と一緒にお渡しした母子健康手帳別冊にある「越谷市産後支援事業利用票」を記入し、市が委託している助産師に申請してください。家庭訪問またはお母さんが実施助産所等へ行き、ケアを受けます。
  乳幼児健康診査 乳児健康診査(身体測定・診察・相談) 4か月児、10か月児 無料
※健診日に越谷市に住所を有する方
市民健康課
(保健センター)
978-3511
生後2か月頃に、予防接種の書類とともに健康診査票が送付されます。実施医療機関に電話で予約して受診してください。
  幼児健康診査(身体計測、診察(内科・歯科)、育児相談、栄養相談、歯科相談等) 1歳6か月児、3歳児 該当月の前月に通知します。保健センターで受診してください。
  離乳食教室 離乳食の講話とデモンストレーション、試食、相談 各時期 無料 市民健康課
(保健センター)
978-3511
事前に予約が必要です。実施前月から電話で保健センターへお申込みください。
  特定不妊治療費助成事業 指定医療機関において特定不妊治療(体外受精・顕微授精)を受けた方を対象に、1回の治療につき15万円(初回の申請に限り30万円)または7万5千円(治療ステージにより異なります)を上限に、その治療費の一部を助成しています。
また、特定不妊治療を行うために必要とされる「男性不妊治療」を行った場合、1回の治療につき15万円を上限に、その治療費の一部を助成しています。
・治療開始時に法律上の婚姻をしている夫婦であること。
・申請時において、夫婦の双方または一方が越谷市に住民登録があること。
所得制限あり 市民健康課
(保健センター)
978-3511
市民健康課の窓口で申請してください。必要書類は市ホームページにてご確認ください。
  不妊検査費助成事業 夫婦が共に不妊検査を受けた場合で、検査開始時の妻の年齢が43歳未満の方を対象に、その検査費の一部を助成しています。(夫婦1組につき1回のみ、上限2万円) ・申請時に法律上の婚姻をしている夫婦であること。
・申請時において、夫婦の双方または一方が越谷市に住民登録があること。
- 市民健康課
(保健センター)
978-3511
市民健康課の窓口で申請してください。必要書類は市ホームページにてご確認ください。
2 経済的支援
  児童手当 【お子さん1人当たりの手当月額】
3歳未満、3歳以上(第3子以降)
  15,000円
3歳以上(第1子・2子)、中学生
  10,000円
所得制限該当
  5,000円 
【支給の時期 】2月(10〜1月分)、6月(2〜5月分)、10月(6〜9月分)
【申請が必要な方】@出生、A転入、B児童手当未申請の方など
【所得制限限度額】
扶養親族の数  0人    1人    
所得額     622万円 660万円 
扶養親族の数  2人    3人    
所得額     698万円 736万円
中学校修了前までのお子さんを養育している方
※公務員の方は勤務先にご確認ください。
※受給者は所得の高いほうの方(生計の中心者)です。
所得制限あり
子育て支援課
児童手当担当
963-9166
転入や出生の場合、15日以内に子育て支援課または北部・南部出張所の窓口で申請してください。申請のあった翌月分からの支給となります。

【必要なもの】
@申請者の健康保険証の写し
A申請者名義の預金通帳の写し
B児童手当用所得(課税)証明書
(本年1月2日以降転入の方のみ)
※書類審査後、別途書類の提出を依頼する場合があります。
※申請者はお子さんを養育している父母等で所得の高いほうの方(生計中心者)

  こども医療費 お子さんが病気やケガなどで医療機関に支払った医療費の一部を、越谷市が保護者に支給します。
【支給方法】
市内医療機関:窓口負担なし
※窓口で資格証と保険証を必ず提示。
市外医療機関:窓口支払い後、申請書と領収書を提出してください。
 (一部市内)
中学校修了までのお子さんを養育している方 保険外の医療費と入院時の食事療養費は自己負担 子育て支援課
こども医療費担当
963-9166
市役所子育て支援課または北部・南部出張所の窓口で申請してください。

【必要なもの】
@お子さんの健康保険証
A申請者名義の預金通帳
※申請者はお子さんを養育している父母等
  児童扶養手当 父母の離婚、父または母の死亡などによって、父または母と生計を同じくしていないお子さんや、父または母に一定の障がいのあるお子さんを養育している方に支給します。支給額は所得額と児童数によって異なります。
18歳になる年の年度末までのお子さんを養育している方
※一定の障がいのあるお子さんは20歳未満
所得制限あり 子育て支援課
児童扶養手当担当
963-9166
子育て支援課の窓口で申請してください。
【必要なもの】
戸籍謄本などが必要ですが、手当を受ける人の支給要件によって必要書類が異なりますので子育て支援課の窓口でご相談ください。
  ひとり親家庭等医療費 母子家庭や父子家庭、父または母と生計を同じくしていないお子さんを育てている方や、父または母に一定の障がいがある家庭の方が、医療保険制度で医療にかかった場合、支払った医療費の一部を支給します。 所得制限あり 子育て支援課
ひとり親家庭等医療費担当
963-9166
あらかじめ受給者証の交付を受ける必要があります。子育て支援課の窓口で申請してください。
【必要なもの】
健康保険証、戸籍謄本などが必要ですが、支給要件によって必要書類が異なりますので子育て支援課の窓口でご相談ください。
  児童の心臓手術費等助成 18歳未満のお子さんが心臓手術をする場合、手術にかかる医療費以外の自己負担金(最高15万円まで)を助成します。 扶養義務者が市内に6か月以上在住する18歳未満のお子さん 所得制限あり 子育て支援課
障がい児支援担当
963-9172
事前に障がい児支援担当までご相談ください。
  特別児童扶養手当 精神または身体に一定の障がいがある20歳未満のお子さんを養育している方に支給します。
【お子さん1人当たりの手当月額】
1級(重度)51,450円、 2級(中度)34,270円
精神または身体に一定の障がいがある20歳未満のお子さんを養育している方 所得制限あり 障がい児支援担当までご相談ください。
未熟児養育医療給付制度 身体の発育が未熟な状態で生まれ、入院治療を必要とする方に対して、その治療に必要な医療費を市が負担する制度です。
病院は指定養育医療機関である必要があります。
出生時体重が2,000グラム以下あるいは身体の発育が未熟で生まれた乳児で、医師が入院養育を認めた場合。越谷市に住所がある方。 世帯の所得税額に応じて自己負担額が生じます。 市民健康課
(保健センター)
978-3511
市民健康課の窓口で申請してください。必要書類は市ホームページにてご確認ください。
小児慢性特定疾病医療費給付制度 児童等の慢性疾病のうち国が指定した疾病(小児慢性特定疾病)の医療にかかる費用の一部を市が助成し、ご家庭の医療費の負担軽減を図る制度です。 小児慢性特定疾病にかかり、国が定める疾病の状態の程度を満たしている、越谷市に住民登録を有する18歳未満の方(継続の場合20歳の誕生日の前日まで)。
詳しくは市ホームページにてご確認ください。
所得税額に応じて自己負担額が生じます。 市民健康課
(保健センター)
978-3511
市民健康課の窓口で申請してください。必要書類は市ホームページにてご確認ください。
パパ・ママ応援ショップ優待制度 優待カード提示により協賛店で割引き等が受けられます。 中学校修了までのお子さん、妊娠中の方のいるご家庭 子育て支援課
パパママ応援ショップ担当
963-9165
子育て支援課、北部・南部出張所、児童館コスモス・ヒマワリ、パスポートセンター、市民活動支援センターで配布しています。
3 保育
  保育所(園) 保護者が働いていたり、病気などの事由で家庭で保育できないとき、お子さんを預かって保育します。市内には、公立保育所18か所、民間保育園22か所、認定こども園5か所、地域型保育41か所があります。
【通常保育】                                        
・保育標準時間 平日7:30〜18:30、土曜日7:30〜12:00            
・保育短時間   平日8:30〜16:30、土曜日8:30〜12:00
【延長保育】 心身の発達状況を考慮したうえで実施します。
・民間保育園及び地域型保育は、施設により異なります。
・公立保育所は、入所時で生後3か月〜就学前のお子さん(延長保育は満1歳から)  ・民間保育園及び地域型保育は、施設により異なります。 所得に応じて費用負担あり 子ども育成課
963-9167
お子さんをお連れになり、子ども育成課の窓口で申し込みをしてください。入所希望月の前月10日が締め切りです。(4月入所を希望する方は、広報紙等で別にお知らせする期間にお申し込みください。)
【必要なもの】
母子健康手帳、所得を証明する書類などが必要です。要件によって必要書類が異なりますので、子ども育成課へお問い合わせください。
  保育ステーション 保護者に代わりお子さんを保育所に送迎します。利便性の高い駅前に設置されていいます。利用は保護者が原則として電車通勤で、保育所の保育時間内に送迎が困難な場合に限ります。
【ステーションへの送迎時間】
朝6:30〜7:30、夕19:00〜21:00
【南越谷保育ステーション】
送迎保育園:の〜びる、第二越谷、南越谷、越谷レイクタウンさくら、の〜びるこどもの家、越谷レイクタウンさくら分園、埼玉東萌、みずべこどもの家
【北越谷保育ステーション】       
送迎保育園:おおたけ、しらとり、袋山、わかばの森、まどか、西大袋
1歳以上〜就学前の健康なお子さん 1日500円
※保育園の保育料は別に必要
南越谷保育ステーション
987-6300

北越谷保育ステーション
970-8200

子ども育成課
963-9167
事前に登録が必要です。各保育ステーションにお問い合わせください。
  急用等でお子さまの保育に困ったとき、あるいは、リフレッシュを図りたいときなどに、一時預かりをしています。
【保育時間】(年末年始を除く)6:30〜22:00
生後4か月〜就学前の健康なお子さん 1時間500円
※飲食代等は別に必要
  病児保育室 病気の回復期に至っていない期間、又は回復期のお子さんを、仕事を休めない等の保護者に代わり、看護師と保育士が児童の体調に合わせてお預かりします。
【利用日】月曜日〜金曜日
【利用時間】平日8:00〜18:00に保護者が送迎。保育時間は要相談
生後3か月〜小学校3年生のお子さん
1日2,000円+おやつ代等
※昼食は持参も可
子ども育成課
963-9167

越谷市病児保育室
967-5521
事前に登録が必要です。越谷市役所子ども育成課または越谷市病児保育室で申請してください。
  学童保育室 保護者が働いている場合などに、放課後、保護者に代わってお子さんをお預かりします。市内には、公立学童保育室が47か所あります。
小学生 月7,000円+おやつ代1,500円 青少年課
学童保育担当963-9158
青少年課の窓口でお申し込み下さい。原則、入室希望の前月15日前後が締め切りです。(4月入室を希望する方は、広報紙等で別にお知らせする期間にお申し込みください。)
 
4 子育て支援
  地域子育て支援センター 相談指導や情報提供、子育てサークルの育成・支援などを行っています。また、子育て講座なども開催しています。 就学前のお子さんと保護者 無料 
※内容により材料費等の実費負担あり
各地域子育て支援センター(左記)

子ども育成課
963-9167
お気軽に各地域子育て支援センターにお立ち寄りください。

子育て講座は事前に申し込みが必要です。広報紙やホームページに募集のお知らせを掲載しています。
  おひさまの子
(増林保育所内)
すくすく
(南越谷保育園内)
たけのこ
(おおたけ保育園内)
げんき
(越谷レイクタウンさくら保育園内)
きらきら
(松沢保育園内)
にこにこ
(新方保育所内)
森のひろば
(わかばの森ナーサリー内)
おへその広場
(の〜びる子どもの家保育園内)
たんぽぽ
(袋山保育園内)
のびるば広場
(南越谷保育ステーション隣)
ちきんえっぐ
(越谷どろんこ保育園内)
こあら教室
(認定こども園小牧内)
ぽかぽか教室
(荻島保育所内)
あおいとり
(埼玉東萌保育園内)
960-5800
990-5003
977-5311
988-0863
080-1058-3953
970-5611
993-4154
988-8180
979-0520
987-7088
970-2280
985-4890
971-8115
973-7463
    急用等でお子さまの保育に困ったとき、あるいは、子育てのリフレッシュを図りたいときなどに、一時預かりをしています(森のひろば、のびるば広場、こあら教室、あおいとりを除く)。
【保育時間】 
・公立保育所は月曜日〜金曜日の8:30〜16:30
・私立保育園については直接お問い合わせください。
・公立保育所
1歳〜就学前の健康なお子さん
・私立保育園
直接お問い合わせください。  
・公立保育所
1時間500円
※飲食代等は別に必要
・私立保育園
直接お問い合わせください。
事前に登録が必要です。各センターへお問い合わせください。
  子育てサロン 相談員やサロンスタッフに子育ての悩みを相談したり、集まった子育て中の人同士が おしゃべりしたり、気軽に楽しく交流できます。また、子育て講座なども開催しています。 就学前のお子さんと保護者 無料
※子育て講座は実費負担あり
各子育てサロン
(左記)

子育て支援課
子育てサロン担当
963-9165
お気軽に各子育てサロンにお立ち寄りください。

子育て講座は事前に申し込みが必要です。広報紙やホームページに募集のお知らせを掲載しています。
  ヴァリエ   
水辺のまちづくり館
(レイクタウン4-1-4) 
児童館コスモス
児童館ヒマワリ                   
はぐはぐ
(生協越谷生活館1階)
はぐはぐ出張ひろば
(宮本町二丁目第1自治会館)
フェリーチェ
(コープ北越谷2階)
フェリーチェ出張ひろば
(パルテきたこし3階)
961-3623
961-3623
961-3623
961-3623
080-2055-2092
080-2055-2092
971-3808
971-3808
  こしがやファミリー・サポート・センター お子さんの預かりや保育施設までの送迎など、利用会員のニーズに合った提供会員(子育ての援助を行う方)を紹介します。
【援助時間】毎日6:00〜22:00
小学校修了までのお子さん 1時間700円〜1,100円
※交通費、飲食代等の実費は別に必要
ファミリー・サポート・センター 960-2311

子育て支援課
ファミリーサポート担当963-9165
事前に登録が必要です。

利用の際は、ファミリー・サポート・センターに電話で予約してください。
  緊急サポート・センター お子さんの病気、急な出張、保育施設で急な呼び出しがあった場合の送迎など、緊急性を伴う預かりや宿泊を伴う預かりを会員同士の相互の助け合いで行います。 小学校修了までのお子さん 1時間1,000円〜1,200円
宿泊1泊 10,000円
※交通費、飲食代等の実費は別に必要
緊急サポートセンター埼玉 048-297-2903

子育て支援課
緊急サポート担当
963-9165
事前に登録が必要です。

利用の際は、緊急サポートセンター埼玉に電話で予約してください。
  子どもショートステイ 親が病気、出産、冠婚葬祭などで養育できないとき、児童福祉施設でお子さんをお預かりします。利用は原則7日間まで。 3歳未満のお子さん 所得に応じて費用負担あり 子育て支援課
障がい児支援担当
963-9172
障がい児支援担当までご相談ください。
  里親制度 家庭に恵まれないお子さんを預かり、親に代わって家庭的な雰囲気の中で育てていく制度です。 里親になるには、経済状況や研修の修了など、要件があります。 越谷児童相談所
975-4152 
児童の養育を希望する方は、里親登録が必要です。 越谷児童相談所へお問い合わせください。
5 各種相談
  家庭児童相談室
(中央市民会館4階)
お子さんが学校や幼稚園に行けない、夜尿や爪かみ、チックが治らない、非行の心配があるなど
【相談時間】月曜〜金曜日(祝日、年末年始を除く) 9:00〜16:00
18歳未満のお子さんと保護者等 無料 家庭児童相談室
963-9172
お気軽にご相談ください。
面接のほか電話での相談もできます。
※不在にする場合がありますので、あらかじめ電話でお問い合わせください。
  子ども家庭相談室 子育てに関する不安や悩み、問題など
【相談時間】火曜〜土曜日(年末年始を除く)9:00〜16:00
※月曜日が祝日・振替休日の場合、翌火曜日が休館
0歳〜18歳未満のお子さんと保護者等 無料 児童館コスモス
978-1515

児童館ヒマワリ
986-3715
お気軽にご相談ください。
面談のほか電話での相談もできます。
  母子家庭等相談 生活・就業に関する支援や母子家庭等自立支援給付金制度、お子さんの修学資金等の貸付など
【相談時間】月曜〜金曜日(祝日、年末年始を除く) 9:00〜17:15
母子・父子家庭の方 無料 子育て支援課
母子・父子自立支援員
963-9172
お気軽にご相談ください。
面接のほか電話での相談もできます。
  教育相談 お子さんのことばや発達の相談、就学の相談、不登校やいじめ等の相談など
【相談時間】月曜〜土曜日(祝日、年末年始を除く)
来所9:30〜16:45、電話9:00〜21:00(受付は20:30まで)
メール相談は随時受付
4歳〜中学卒業のお子さんと保護者等 無料 越谷市教育センター
962-9300、962-8601
お気軽にご相談ください。
面接のほか電話での相談もできます。来所相談は要予約。メール相談は越谷市ホームページよりお入りください。
  青少年相談室
(越谷市教育センター内)
お子さんの非行、問題行動などで悩んでいる保護者の相談や、悩みを抱えているお子さん自身の相談など
【相談時間】火・水・金曜日(祝日、年末年始を除く) 9:00〜16:00
15歳〜30歳代の青少年とその保護者等 無料 青少年相談室
964-0272
お気軽にご相談ください。
面接のほか電話での相談もできます。
  児童相談所 お子さんの養育、性格行動、障がい、非行の相談など
【相談時間】月曜〜金曜日(祝日、年末年始を除く)8:30〜18:15
18歳未満のお子さんと保護者等 無料 越谷児童相談所
975-4152
お気軽にご相談ください。
面接のほか電話での相談もできます。
  外来(発達)相談 ことば、情緒、からだに関して発達に応じた有資格者による相談など
【相談時間】月曜〜金曜日(祝日、年末年始を除く)8:30〜17:00
就学前のお子さんと保護者等 無料 児童発達支援センター
外来(発達)相談940-5961
来所相談。要予約。
面接のほか電話での相談もできます。
  小児救急電話相談
(#8000)
休日・夜間の急な子どもの病気にどう対処したらよいのか電話で相談できます。
【実施時間】
月曜〜土曜日 19:00〜翌朝7:00
日曜日、祝日、年末年始 7:00〜翌朝7:00
【電話番号】#8000 もしくは 048-833-7911
16歳未満のお子さんがいる家庭 無料 地域医療課
973-5625
この相談は助言を行うものであり、診断や治療を行うものではありませんので、あらかじめご了承ください。
6 障がい
  療育手帳 知的発達に遅れのある方に交付されます。手帳の交付を受けると各種援護・相談指導等に利用できます。 知的障がいがあると判定された方 子育て支援課
障がい児支援担当
963-9172
障がい児支援担当までご相談ください。障がいの判定は、18歳未満は児童相談所で行います。
  身体障害者手帳 病気やけがなどにより、身体に障がいのある方に交付されます。手帳の交付を受けると各種援護・相談指導等に利用できます。 身体障がいがあると診断された方 障がい児支援担当までご相談ください。
  自立支援医療(育成医療) 身体の障がいや症状が手術等により改善すると認められる場合に、育成医療の給付を行います。 18歳未満のお子さん 税額に応じて自己負担あり 事前に障がい児支援担当までご相談ください。
  難聴児補聴器購入費助成事業 軽度・中等度の難聴のお子さんに、補聴器購入費用の一部を助成します。
【対象】
・聴覚に障がいを有し、身体障害者手帳の交付の対象とならない方
・補聴器の装着により、言語の習得等一定の効果が期待できると医師が判断する方
18歳未満のお子さん 購入費用の3分の1
※補聴器の種類により上限あり
事前に障がい児支援担当までご相談ください。
7 施設
  児童館コスモス 1階には幼児室・おもちゃ室等があり、すべり台やボールプール等で未就学児と保護者が一緒に遊べます。また、児童館の事業のない日は遊戯室で体を動かして遊ぶこともできます。(授乳室有)
2階にはプラネタリウム室があり、3歳以上からご覧になれます。
3階の科学体験コーナーでは、遊びながら科学体験を楽しめます。
屋上の天体観測室では、6月を除き毎月天体観望会を開催しています。
【利用時間】火曜〜日曜日(年末年始を除く)9:00〜17:00
※月曜日が祝日・振替休日の場合、翌火曜日が休館
0歳〜18歳未満のお子さんと保護者等 無料 ※プラネタリウムは小学生以上100円 児童館コスモス
978-1515
受付で児童館使用者名簿にお名前等を記入してください。乳幼児には必ず保護者が付き添ってください。
団体(概ね20人以上)の場合は、利用日の30日前から3日前までに使用許可申請が必要。
  児童館ヒマワリ 1階には幼児室・おもちゃ図書室等があり、すべり台やおもちゃ等で未就学児と保護者が一緒に遊べます。また、児童館の事業のない日は遊戯室で体を動かして遊ぶこともできます。(授乳室有)
2階にはミニ水族館があり、魚の観察やカメとの触れ合いができます。
3階の科学展示コーナーでは遊びながら科学体験を楽しめます。
【利用時間】火曜〜日曜日(年末年始を除く)9:00〜17:00
※月曜日が祝日・振替休日の場合、翌火曜日が休館
無料 児童館ヒマワリ
986-3715
  児童発達支援センター 【児童発達支援事業】
・ぐんぐん:発達に遅れのあるお子さんが毎日通い、日常生活の基本的動作や集団生活の適応訓練などの療育を行います。
・のびのび:保育所(園)や幼稚園に通っていて発達に支援の必要なお子さんに対し定期的に専門の療育を行います。
・ぐんぐんグリーン
(知的障がい児):
2歳〜就学前
 ・ぐんぐんピンク
(肢体不自由児):
1歳半〜就学前
・のびのび:
3歳児〜就学前の
お子さん
所得に応じて費用負担あり 児童発達支援センター
代表940-5951
ぐんぐんグリ−ン
940-5952
ぐんぐんピンク
940-5953
のびのび
940-5954
児童発達支援センター、または子育て支援課障がい児支援担当までお問い合わせください。
【児童発達支援センター開所時間】
月曜〜金曜日(祝日・年末年始を除く)8:30〜17:00
  【早期療育教室】保育所(園)や幼稚園に通っていない発達に支援の必要なお子さんに対し集団生活へ適応しやすくするため療育を行います。 1歳〜就学前のお子さんと保護者 無料 早期療育教室940-5954
  【外来(発達)相談】ことば、情緒、からだに関する相談など
就学前のお子さんと保護者等 外来(発達)相談940-5961 来所相談。要予約。面接のほか電話での相談もできます。
  【おもちゃ図書室】遊びをとおして交流する場です。 どなたでも利用できます。    
  夜間急患診療所 夜間の急病患者に対応した診療所です。
【診療時間】毎日20:00〜23:00
【受付時間】19:30〜22:30
【電話番号】960-1000
通常の医療機関と同様 地域医療課
973-5625
内科的疾患のみ診療します。
薬の処方は、原則1日分となります。
翌日は、かかりつけ医を受診してください。
          詳しくは各担当課所へお問い合わせください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。用語解説の内容等については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

子ども家庭部 子育て支援課(第二庁舎2階)
電話:048-963-9165 ファクス:048-963-3987

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

越谷市役所

〒343-8501 埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号 電話:048-964-2111(代表) 開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分 法人番号:6000020112224
Copyright © Koshigaya City. All rights reserved.