このページの先頭です
このページの本文へ移動
越谷市
サイトメニューここから

越谷市役所

〒343-8501 埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号(地図・庁舎案内開庁日時のご案内) 電話:048-964-2111(代表)(各課直通番号


サイトメニューここまで

本文ここから

平成27年度から介護保険料が改定されました

更新日:2015年5月28日

65歳以上の方の介護保険料を改定しました

 介護保険は国や都道府県、市区町村が負担する公費と、40歳以上の方が納める介護保険料を財源として運営されています。
 65歳以上の方の介護保険料について、3年ごとに策定する介護保険事業計画(第6期 平成27年度から平成29年度)に基づき、3年を通じて財政の均衡が保たれるよう改定を行いました。

第6期越谷市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画

第6期介護保険事業計画は、こちらをご覧ください。

保険料の基準額が月額4,490円(年額53,880円)になりました

 第6期(平成27年度から平成29年度)において、基準額が月額4,490円に改定となりました
 第5期(平成24年度から平成26年度)の月額4,100円と比較して、月額390円の増額となります。

基準額について

 基準額は、第6期における予想総給付費のうち、第1号被保険者(65歳以上の方)の負担分(第6期は22%)を、3年間の高齢者人口の合計で割って算出します。

埼玉県平均・全国平均との比較

高齢化の進展と要介護認定者数の増加等により、全国的に介護保険料は上昇しています。
第6期における埼玉県の平均基準額は月額4,835円、全国平均は5,514円です。
越谷市の基準額である月額4,490円は、これらを下回っています。

基準額の推移
越谷市・埼玉県平均・全国平均における基準額の推移

保険料の上昇額が大きい理由は

 第6期において介護保険料が増額となった理由は、
1. 高齢化の進展に伴う要介護認定者数の増加
2. 介護保険施設等の計画的な整備
3. 1・2による給付費の増加
4. 3の給付費のうち第1号被保険者(65歳以上の方)が負担する割合の増加(高齢者人口の増加に伴い21%から22%へ改正)
などです。

保険料基準額の引下げについて

 第6期の介護保険料の設定において、保険料の上昇を少しでも抑制するため、越谷市では「介護保険給付費準備基金」を取崩し、基準額を引き下げました。また国の制度改正による「介護従事者の介護報酬マイナス改定」や「一定以上の所得がある方のサービス利用個人負担分が2割に変更」となったことも保険料抑制の要因となっています。

保険料段階を11段階13区分から12段階に変更しました

 算出した基準額を基礎として、所得や市民税の課税状況等によって保険料段階を設定します。保険料段階については、国の制度改正に合わせ、第1段階の負担割合を引き下げるなどの配慮を行い、11段階13区分から12段階に変更しました。

平成27年度から平成29年度介護保険料段階表【基準額:年間53,880円】
所得段階 対象となる方 負担割合 年間保険料額
第1段階

生活保護の被保護者または、老齢福祉年金受給者で市民税非課税世帯の方または、市民税非課税世帯で本人の前年中の課税年金収入額と合計所得金額の合計額が80万円以下の方

基準額×0.45 24,240円
第2段階 市民税非課税世帯で本人の前年中の課税年金収入額と合計所得金額の合計額が80万円を超えて120万円以下の方 基準額×0.7 37,710円
第3段階 市民税非課税世帯で本人の前年中の課税年金収入額と合計所得金額の合計額が120万円を超える方 基準額×0.75 40,410円
第4段階 本人が市民税非課税で世帯内に市民税課税者がいる場合で、本人の前年中の課税年金収入額と合計所得金額の合計額が80万円以下の方 基準額×0.83 44,720円
第5段階 本人が市民税非課税で世帯内に市民税課税者がいる場合で、本人の前年中の課税年金収入額と合計所得金額の合計額が80万円を超える方 基準額×1.0 53,880円
第6段階 本人が市民税課税で前年中の合計所得金額が125万円未満の方 基準額×1.08 58,190円
第7段階 本人が市民税課税で前年中の合計所得金額が125万円以上190万円未満の方 基準額×1.25 67,350円
第8段階 本人が市民税課税で前年中の合計所得金額が190万円以上300万円未満の方 基準額×1.5 80,820円
第9段階 本人が市民税課税で前年中の合計所得金額が300万円以上400万円未満の方 基準額×1.7 91,590円
第10段階 本人が市民税課税で前年中の合計所得金額が400万円以上500万円未満の方 基準額×1.8 96,980円
第11段階 本人が市民税課税で前年中の合計所得金額が500万円以上600万円未満の方 基準額×1.9 102,370円
第12段階 本人が市民税課税で前年中の合計所得金額が600万円以上の方 基準額×2.0 107,760円

※年間保険料額の算定において、10円未満の端数が生じた場合は切捨てとなります。
※課税年金収入額とは、老齢基礎年金など税法上課税の対象となる年金の収入額をいい、遺族・障害年金など税法上非課税となる年金の収入額は含まれません。
※合計所得金額とは、収入金額から必要経費相当額を差し引いた金額です。土地・建物等の譲渡所得の特別控除や損失等の繰越控除を行う前の額をいいます。


第5期との主な変更点は次のとおりです。

公費負担による低所得者の負担割合引き下げ

国の制度改正により、低所得者の負担を引き下げるために、公費を投入する仕組みが制度化され、新第1段階の負担割合が0.5から0.45に引き下げられました。

国の制度改正による段階の統合及び特例区分の標準化

・旧第1段階及び旧第2段階が統合され、新第1段階となりました。
・特例区分が標準段階化され、旧特例第3段階が新第2段階に、旧特例第4段階が新第4段階になりました。

介護保険料の納付にご理解・ご協力をお願いします

 介護保険制度は、介護に係る負担を社会全体で支える仕組みです。介護保険料は、介護保険を運営するための貴重な財源となります。
 越谷市の第6期における介護保険料の基準額である月額4,490円は、埼玉県平均や全国平均よりも低い水準にあります。第5期と比較すると、上昇率は約9.5%です。
 この改定は、第6期の3年間(平成27年度から平成29年度)における介護給付費を算定し、3年間の介護保険の運営に必要な介護保険料を算定した結果です。介護保険料の納付にご理解、ご協力をお願いいたします。

介護保険の財源内訳(平成27年度から平成29年度)
介護保険の財源内訳(平成27年度から平成29年度)


※40歳から64歳までの方の介護保険料について
 40歳から64歳までの方の介護保険料は、加入している健康保険組合等ごとに定められています。詳しくはご加入の健康保険組合等にお問い合わせください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。用語解説の内容等については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

福祉部 介護保険課(第二庁舎1階)
電話:048-963-9168 ファクス:048-965-3289

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

越谷市役所

〒343-8501 埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号 電話:048-964-2111(代表) 開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分 法人番号:6000020112224
Copyright © Koshigaya City. All rights reserved.