このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

腸管出血性大腸菌O157等にご注意を!

更新日:2018年8月29日

 越谷市内で腸管出血性大腸菌感染症の患者が発生しています。
 感染力は強く、水や食物を介して感染し、その後、人から人へも感染しますので、手洗いを徹底し、食品の取り扱いにはご注意ください。

特徴
 大腸菌はほとんどが無害ですが、中には毒素を産生し、下痢などの症状を引き起こすものがあります。これが腸管出血性大腸菌と呼ばれ、代表的なものにO157があります。他にもO26、O111、O128などもあります。
 ●感染力が非常に強く、水中や土中では、数週間から数か月生存します。
 ●低温に強く、冷蔵庫の中でも生存できます。
 ●酸性に強く、口から入った菌の多くは、胃酸に負けず生き残ります。
 ●熱に弱く、75℃、1分間の過熱で死滅します。

【症状】
 ●2日〜9日(平均3日〜5日)の潜伏期間の後、激しい腹痛を伴った下痢(水様)が何度も起こり、血便が出ることもあります。
 ●乳幼児や高齢者では、重症化する場合があります。
 ●成人などの体力のある方の場合は、感染しても無症状や軽い下痢などで経過し、この病気と気づかない場合があります。
 ●症状自体は治まってきても、菌は1〜2週間腸内に残り、便とともに排泄されます。

【予防対策】
 ●用便後、乳幼児のおむつ交換後、調理前には、石けんと流水で手をしっかり洗いましょう
 ●調理器具と冷蔵庫は清潔に保ちましょう。
  特に、生肉を取り扱ったあとは、まな板・包丁・ふきん等の器具類は、十分洗浄し、熱湯や台所用塩素系漂白剤などで殺菌をしましょう。
 ●調理時には十分な加熱(75℃、1分以上)をしましょう。
 ●調理したものは、早めに食べましょう。
 
 腹痛、下痢などの初期症状があった場合は医療機関を受診し、適切な治療を受けましょう。
 特に乳幼児、高齢者の方など抵抗力の弱い方は、重症化する可能性がありますので、医師の診察を受け、適切な治療を受けてください。
 身近に感染者がでた場合は、おう吐物、便の処理の際、マスクや手袋をして処理し、処理後は手洗いを十分にしましょう。

お問い合わせ

保健医療部 保健所 保健総務課(感染症・疾病対策)(東越谷十丁目31番地(保健所内))
電話:048-973-7531 ファクス:048-973-7534

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る