このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

子猫の育成ボランティア(ミルクボランティア)について

更新日:2017年3月13日

子猫の育成ボランティアを募集します

保健所では、保護された子猫を一時的にお預かりいただき、譲渡に適した状態まで育成いただく「子猫の育成ボランティア」を募集します。

子猫の育成ボランティアとは

保健所では春から秋にかけて、たくさんの子猫が保護されます。
保護された子猫は職員が授乳や排せつ等の世話をしていますが、夜間などどうしても細やかな対応ができません。
そこで、子猫の世話の経験のある方にぜひボランティアとしてご協力をお願いしたいのです。

活動内容は、ご自宅で一時的に子猫をお預かりいただき、譲渡に適した状態まで育成していただくものです。
成長後は保健所にお戻しいただき、保健所から譲渡適性のある新たな飼い主へ譲渡いたします。

はかない命をつなぐため、子猫の育成に力お借りできれば幸いです。

育成をお願いする動物

  • おおよそ生後2週齢〜4週齢の子猫となります。
  • お預かりいただく頭数は3〜5頭(いわゆる同腹の子猫)になります。

  (できる限り兄弟姉妹(いわゆる同腹)で育てたいと考えます)

育成期間中に行っていただくこと

  • 3〜4時間おきの授乳
  • 排せつの補助
  • 健康状態、体重の確認記録
  • ふれあい、遊び

育成期間

およそ4週間〜8週間となります。
生後の日齢により前後しますが、生後2カ月程度(自力で固形フードを食べる、体重800gを超えるくらい)までを目安とします。

物資の提供

必要な物資(ミルク1缶、スポイト、ペットシーツ)は支給させていただきます。
そのほか、ケージ、ヒーター、体重計は貸出しいたします。

※交通費、治療費、追加のミルクなどボランティアの方にご負担いただくものもありますのでご留意ください。
※ボランティアとして協力いただく形となりますので、恐れ入りますが謝礼はございません。

ボランティアの応募条件

  • 市内在住の成人で動物アレルギーのない方
  • 子猫の飼育経験がある方
  • 子猫の育成が可能な住居に住んでいる方(賃貸住宅等の場合、動物の飼育許可が書面で確認できること)
  • 子猫の育成に同居する家族全員の同意がある方
  • 長時間および頻繁に外出することがない方
  • 車で子猫の送迎や資材の運搬ができる方
  • 毎日、体重測定や健康チェックを行い、定期的に報告いただける方
  • ペットとして既に犬又は猫を飼育している場合、次のことを行っている方

  (犬の場合)狂犬病予防法に基づく登録及び狂犬病予防注射を実施していること
  (猫の場合)室内で飼育していること
  (犬、猫共通)混合ワクチンの接種を行っていること
  (犬、猫共通)お預かりいただく子猫と部屋を分けることができること

応募方法

所定の応募用紙に必要事項をご記入の上、郵送又はFAXでお申し込みください。
(応募用紙等は、このページよりダウンロードできます)
なお、FAXの場合、お手数ですが送信された旨を電話にてご連絡ください。
到着後、担当者からご連絡をさせていただきます。

【送付先】
 〒343-0023 越谷市東越谷十丁目81番地  越谷市保健所生活衛生課(環境衛生・薬事)
 TEL:048-973-7532 FAX:048-973-7536 

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保健医療部 保健所 生活衛生課(総務・動物)(東越谷十丁目31番地(保健所内))
電話:048-973-7532 ファクス:048-973-7536

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る