このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

食肉衛生検査キッズページ

更新日:2018年10月17日

このページでは、お(にく)について、みなさんに()っておいて()しいことをご紹介(しょうかい)しています。

もくじ

◆ お肉ってどうやってできるの?

 いつも()べているお(にく)がどうやってできているのか、ここではブタがお(にく)となってみなさんのお(うち)(とど)くまでをご説明(せつめい)します。

 ブタが()われている牧場(ぼくじょう)のことを養豚場(ようとんじょう)()びます。
 そこでは、お(かあ)さんブタからたくさんの()ブタが()まれていて、()ブタたちはお(かあ)さんブタのお(ちち)()んで元気(げんき)成長(せいちょう)しています。
 ()ブタたちは、およそ6か(げつ)かけて体重(たいじゅう)が110キログラムほどになると、トラックで牧場(ぼくじょう)から(はこ)()されます。

 牧場(ぼくじょう)から(はこ)()されたブタたちは、と畜場(とちくじょう)()ばれる食品工場(しょくひんこうじょう)(とど)けられます。
 ここでブタたちは、と畜検査(とちくけんさ)()けながら解体(かいたい)されて「お(にく)」「内臓(ないぞう)」「(かしら)」「豚足(とんそく)」「シッポ」「(かわ)」そして「豚脂(らーど)」に()けられます。
 検査(けんさ)合格(ごうかく)したお(にく)内臓(ないぞう)などは、さらに(べつ)食品工場(しょくひんこうじょう)やお肉屋(にくや)さんに(はこ)ばれます。


 その()、お(にく)食品工場(しょくひんこうじょう)でベーコンやウインナー、ひき(にく)などに加工(かこう)されたり、お肉屋(にくや)さんで商品(しょうひん)として(ちい)さく()()けられたりします。
 こうしてできたブタのお(にく)が、お肉屋(にくや)さんやスーパーで()られて、みなさんのお(うち)にたどり()くのです。

◆ と畜検査(とちくけんさ)ってなに?

 と畜場(とちくじょう)(とど)けられたブタやウシたちは(かなら)ず、食肉衛生検査所(しょくにくえいせいけんさじょ)の「と畜検査員(とちくけんさいん)」から、1(とう)ずつと畜検査(とちくけんさ)()けないといけません。
 なにを検査(けんさ)するかというと、「ブタやウシたちが病気(びょうき)にかかっていないか」ということや「人間(にんげん)()べても問題(もんだい)がないか」ということを確認(かくにん)しています。

 検査(けんさ)(かなら)ず(1)「()きているとき」、(2)「解体(かいたい)される(まえ)」、(3)「解体(かいたい)された(あと)」の3(かい)()けることになっています。
 途中(とちゅう)病気(びょうき)()つかって、3(かい)検査(けんさ)のうちどれかひとつでも不合格(ふごうかく)となった場合(ばあい)は、お(にく)になることができません。
 不合格(ふごうかく)となったときは、その病気(びょうき)(おも)さによって「1(とう)まるごと」か「問題(もんだい)のある部分(ぶぶん)だけ」が廃棄(はいき)されます。

 と畜検査(とちくけんさ)をする「と畜検査員(とちくけんさいん)」は、全員(ぜんいん)獣医師(じゅういし)資格(しかく)()った自治体(じちたい)職員(しょくいん)公務員(こうむいん))です。
 獣医師(じゅういし)といえば、イヌやネコのお医者(いしゃ)さんというイメージが(つよ)いかも()れませんが、ブタやウシのお医者(いしゃ)さんでもあるので(かく)れた病気(びょうき)見逃(みのが)しません。
 このようにして、安全(あんぜん)なお(にく)だけがみなさんの食卓(しょくたく)(とど)けられています。

◆ なんでお肉は生で食べちゃいけないの?

 焼肉(やきにく)やバーベキューをするときに、お(にく)をよく()くように注意(ちゅうい)されたことはないでしょうか。
 なぜそのような注意(ちゅうい)をされるかと()うと、(なま)のお(にく)には「腸管出血性大腸菌(ちょうかんしゅっけつせいだいちょうきん)O157(おーいちごーなな)など)」や「カンピロバクター」などのばい(きん)(かく)れていることが(おお)いからです。
 これらのばい(きん)をお(にく)といっしょに()べてしまうと、2日(ふつか)から7日(なのか)くらいしてから、(ねつ)()たり、お(なか)(いた)くなったり、気持(きも)ちが(わる)くなったりする食中毒(しょくちゅうどく)になってしまいます。
 免疫力(めんえきりょく)(よわ)()どもやお年寄(としよ)りなどは、(とく)注意(ちゅうい)必要(ひつよう)です。

 これらのばい(きん)は、お(にく)の色が変わるまでよく()くことでやっつけることができます。
 また、ハンバーグなどのひき(にく)や、タレに()けこんだお(にく)加工(かこう)されたお(にく)、ブタやニワトリのお(にく)などは、お(にく)の中までばい(きん)(はい)りこんでいることがあるので、(なか)(いろ)()わるまでしっかり()必要(ひつよう)があります。

 お(にく)をよく()いたあとにも注意(ちゅうい)必要(ひつよう)です。
 お(にく)()くときに使(つか)ったトングや、(なま)のお(にく)()っていたお(さら)には、ばい(きん)(のこ)っています。
 ()いたあとのお(にく)には、()べる(よう)のおはしや、()べる(よう)のお(さら)だけを使(つか)うなど、使(つか)()けをするようにしましょう。
 また、(なま)のお(にく)()でさわってしまったときは、(せっ)けんを使(つか)ってきちんと手洗(てあら)いをするようにしてください。

お問い合わせ

保健医療部 保健所 生活衛生課 食肉衛生検査所(増森一丁目5番1号(動物管理センター2階))
電話:048-969-8522 ファクス:048-969-8521

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る