このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

と畜検査について

更新日:2018年11月9日

  • 生きた牛や豚などの家畜を処理する施設のことを「と畜場」といいます。
  • 「と畜場」で処理される全ての牛・馬・豚・羊・山羊は、「と畜検査」を受けて病気や異常がないか調べられます。
  • 「と畜検査」は、「と畜場法」に基づき、獣医師である「と畜検査員」によって一頭ずつ行われます。
  • 病気や異常がある肉や内臓は全て廃棄されるので、食品になることはありません。

と畜検査フローチャート

※牛の場合は、検査対象の個体に対してBSE(牛海綿状脳症)の検査も実施しています。

生体検査

生きている家畜の健康状態を検査します。
外見や行動に異常がないかを調べ、必要に応じて脈拍や体温を測ります。

解体前検査

主に血液の検査をします。
必要に応じて顕微鏡を使った観察も行います。

解体後検査

内臓・(かしら)検査

病気や異常がないか、内臓や(かしら)を包丁を使って検査します。

枝肉検査

枝肉とは、皮や内臓などを取り除いた肉のことを言います(骨はついています)。
枝肉の外見や硬さなどを検査して、病気や異常がないかを確認します。

精密検査

ここまでの検査で判断が付かない場合は、検査室でさらに詳しい検査を行います。

病理組織学的検査

腫瘍などの病気が疑われる場合、顕微鏡を使って異常のある部分の組織を検査します。

微生物学的検査

感染症が疑われる家畜には、微生物検査を行います。
まず異常のある部分に細菌が居るかどうかを確認して、その細菌の形や様々な反応の様子を検査して病気の原因となったかどうかを判別します。
また必要に応じてその細菌の遺伝子を検査して、それが何という細菌であるかを確認します。

理化学的検査

全身が黄色くなってしまう「黄疸」や尿に含まれる毒素が全身に広がってしまう「尿毒症」が疑われる場合、理化学検査を行います。
また、家畜に投与した動物用医薬品が肉や内臓に残っていないかの検査も行います。

検印

すべての検査に合格した枝肉や内臓などには、その動物の種類に応じて検印が押されます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保健医療部 保健所 生活衛生課 食肉衛生検査所(増森一丁目5番1号(動物管理センター2階))
電話:048-969-8522 ファクス:048-969-8521

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る