このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

「脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)」に関する情報

更新日:2017年11月1日

【「脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)」とは】

  「脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)」は、交通事故やスポーツ外傷など、体への衝撃によって脊髄の硬膜が破れ、脳脊髄液が漏れだし、減少することによって、頭痛、頸部痛、めまい、耳鳴り、倦怠、不眠、記憶障害等のさまざまな症状を呈する疾患ですが、いまだ定まった知見や治療法が確立されていないため、国において専門家による医学的な解明が進められているところです。
 このため、依然として多くの患者さんが、診察や治療を行っている医療機関を探すことに、大変苦労している状況です。
 埼玉県では、県内で脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)の診察・治療が受けられる医療機関について調査を行い、その結果がホームページで公表されております。

【関係情報リンク】

【関係患者団体リンク】

お問い合わせ

保健医療部 地域医療課(東大沢一丁目12番地1(保健センター内))
電話:048-973-5625 ファクス:048-979-0137

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る