このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

重度心身障害者医療費支給制度に所得制限が導入されます

更新日:2018年12月1日

 越谷市では、限られた財源の中、医療費助成金の支給対象者を真に経済的な給付を必要とする方に限定し、負担の公平性を図るため、平成31年1月1日から受給資格の登録を受けた方のうち、一定の所得を超える方を医療費助成金の支給の対象外とする所得制限を導入することになりました。

導入時期

 所得制限が導入されるのは、平成31年1月1日からです。
 ただし、現在みどり色の「重度心身障害者医療費受給者証」をお持ちの方に対する所得制限の導入は、平成34年(2022年)10月1日からです。それまでの間は、これまでどおり医療費助成金の支給を受けることができます。

所得の対象範囲

 所得制限の対象となるのは受給資格登録者本人の所得が、次の所得制限限度額を超える場合です。

医療費助成金の支給の対象外となる目安

扶養親族等の人数

所得制限限度額
0人 360万4,000円

1人

398万4,000円
2人 436万4,000円
3人 474万4,000円
4人 512万4,000円
5人目以降 1人増えるごとに38万円を加算

(注)
・扶養親族が、同一生計配偶者又は老人扶養親族の場合は、さらに1人につき10万円を加算
・特定扶養親族(19歳以上23歳未満)又は控除対象扶養親族(16歳以上19歳未満)の場合は、さらに1人につき25万円を加算

受給者証の更新

 これまで5年に1度行っていた受給者証の一斉更新は、毎年10月に実施するように変更されました。
 ただし、現在みどり色の受給者証をお持ちの方の次の一斉更新は、平成34年(2022年)10月になります。

税の申告

 重度心身障害者医療費受給資格申請書の提出時及び受給者証の一斉更新時に税の申告がされていない場合、所得の確認ができないため、医療費助成金の支給が停止になります。
 本制度を利用される場合は、毎年、必ず税の申告を行ってください。

個人番号の利用

 所得の確認に当たっては、申請者からの証明書類の提出を省略し、個人番号を利用して所得審査事務を行うことにより、申請者の負担の軽減と利便性を高めることにしました。
 本制度の申請の際には個人番号を証明する書類(マイナンバーカード又はマイナンバー通知カードの場合は通知カードに加えて、障がい者手帳等の身分証明書)が必要になりますので、忘れずにご持参ください。

お問い合わせ

福祉部 障害福祉課(第三庁舎1階)
電話:048-963-9164 ファクス:048-963-9171

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る