このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

寡婦(夫)控除のみなし適用のご案内

更新日:2018年12月28日

未婚で子を養育するひとり親家庭を対象に、税法上の「寡婦(夫)控除」が適用されるものとみなして利用料の減額などを行う、「寡婦(夫)控除」のみなし適用を実施します。

みなし適用の内容

 対象事業を利用する場合に、対象者であることを申し立てることによって、税法上の寡婦(夫)控除が適用されるものとみなして所得や課税額の計算を行い、利用料の減額などを行います。
 ※ みなし適用をした場合でも、利用料が減額にならない場合もあります。
 ※ みなし適用は、税法上の寡婦(夫)控除が受けられるものではありません。

対象となる人

みなし適用の対象となるのは、現況日(所得を計算する対象となる年の12月31日)及び申請時点において、次の(1)(2)いずれかに該当する方です。

(1) 婚姻したことがなく、現在も婚姻状態にない母であり、扶養親族または生計を同じくする子がいる人。
(2) 婚姻したことがなく、現在も婚姻状態にない父であり、生計を同じくする子がいて、合計所得金額が500万円以下の人。
(注1)婚姻届はなく現に事実上の婚姻と同様の事情にある方、税法上の寡婦(夫)控除を 受けている方は対象外です。
(注2)上記の「子」は総所得金額等38万円以下で、他の人の控除対象配偶者や扶養親族となっていない子に限ります。

開始時期

平成30年9月

対象となる事業

(1) 障害福祉サービス(居宅介護・生活介護・短期入所・就労移行支援等)
(2) 自立支援医療(精神通院医療・更生医療・育成医療)
(3) 障害者(児)補装具費支給事務

申請方法

事業の支給決定を行っている担当課に、みなし適用の対象者であることを申し立てる必要があります。
詳細につきましては下記の担当課にお問い合わせください。
・事業利用者が18歳未満  子ども家庭部 子育て支援課(第二庁舎2階)※自立支援医療(精神通院医療)については障害福祉課
 電話:048-963-9172 ファクス:048-963-3987

・事業利用者が18歳以上  福祉部 障害福祉課(第三庁舎1階)
 電話:048-963-9164 ファクス:048-963-9171

お問い合わせ

福祉部 障害福祉課(第三庁舎1階)
電話:048-963-9164 ファクス:048-963-9171

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お知らせ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る