このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

越谷市制60周年・平和都市宣言10周年記念「こしがや平和フォーラム2018」を開催します!

更新日:2018年8月1日

越谷市は、戦争の悲惨さや平和の尊さを後世に伝えるために、
越谷市制60周年・平和都市宣言10周年記念事業として、平和フォーラム(展示・講演会)を
開催します。
※共催:平和祈念展示資料館(総務省委託)、越谷市、越谷市教育委員会
 後援:埼玉県、埼玉県教育委員会

多くの皆さまのご来場をお待ちしております。
詳しい内容は下記のとおりです。

平和祈念展in越谷

開催期間

平成30年9月25日(火曜)から9月30日(日曜)
午前9時30分開場 午後5時閉場

費用

入場無料

会場

越谷市南越谷1-2876-1(※↑クリックすると、会場のホームページに繋がります。)

内容

平和祈念展示資料館が所蔵する兵士、戦後強制抑留者、海外からの引揚者の方の労苦を
物語る実物資料や越谷市の戦史に関する展示を通して、戦争の記憶を次の世代へ伝えます。


平成29年度平和展の様子

こしがや平和フォーラム2018

日時

平成30年9月30日(日曜)
午後1時開場 午後1時30分開演 午後4時50分終演予定

会場

越谷市南越谷1-2876-1(※↑クリックすると、会場のホームページに繋がります。)

費用

入場無料、事前申込制【定員400名:抽選】

(1)講演会「未来に向けた平和へのメッセージ」

戦場カメラマンの講師が、現在の戦地・紛争地を生きる人々への取材活動を通じて感じた、
戦争の悲惨さ、平和の尊さを伝えます。

講師:渡部 陽一氏(わたなべ・よういち氏/戦場カメラマン)

■講師プロフィール
1972年生まれ・静岡県出身。学生時代から世界の紛争地の取材を続け、
戦場のリアルな声を伝えています。


渡部 陽一氏

(2)一人芝居「生き地獄から戻った私!」

戦争の混乱の中、満州(現・中国東北部)から日本へ引き揚げた女性の体験をもとに、
引揚者の労苦を伝えます。

出演:瀬田 ひろ美氏(劇団キンダースペース)
原作:苗村 富子(体験手記集「平和の礎」より)


瀬田 ひろ美氏

同時開催

・広島平和記念式典に参加した中学生(代表)の感想文発表

お申込み方法

こしがや平和フォーラム2018の観覧は事前申込制(定員400名:抽選)となります。
往復はがきで、1枚につき3名まで応募可能です。
応募締切りは、8月31日(金曜)【必着】です。
なお、抽選結果は9月10日(月曜)までに発送します。

【はがきの書き方】
・往信
裏面に(1)「平和フォーラム2018」(2)参加申込人数(うち、車椅子の方の人数も記入)
(3)代表者の郵便番号・住所・氏名・電話番号を記入してください。

・返信
表面に申込代表者の(1)郵便番号(2)住所(3)氏名を記入してください。
※裏面には何も記入しないでください。

お申込み方法
お申込み方法(はがき記入例)

交通アクセス

越谷コミュニティセンターまでのアクセス方法です。
※「サンシティ」は「越谷コミュニティセンター」の愛称です。

お問い合わせ

越谷市総務部総務課
電話:048-964-2111(代表) ファクス:048-963-7625

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る