このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

下限面積(別段の面積)の設定について

更新日:2019年4月25日

下限面積(別段の面積)の設定について

平成21年12月施行の改正農地法により、農業委員会が、農林水産省令で定める基準に従い、市町村の区域内の全部又は一部についてこれらの面積の範囲内で別段の面積を定め、農林水産省で定めるところにより、これを公示したときは、その面積を農地法第3条第2項第5号の下限面積として設定できることになりました。
「農業委員会の適正な事務実施について」(20経営外5791号平成21年1月23日付け農林水産省経営局長通知)が、平成22年12月22日付けで一部改正され、農業委員会は、毎年、下限面積(別段の面積)の設定又は修正の必要性について審議することとなっております。
越谷市農業委員会では、平成31年4月25日に開催した農業委員会総会において、この件について審議を行いました。今年度の下限面積(別段の面積)の設定については、以下のとおりです。

(1)農地法施行規則第17条第1項の適用について
(方針)別段の面積の設定は行わない。
(理由)毎年行っている農業経営及び農地利用の状況等に関する調査において、下限面積である50アール以下の農家数の総数に占める割合は、平成30年度56.0%で、前年の55.9%と大きな変動がないこと。また、自然的経済的条件からみて営農条件がおおむね同一と思われる近隣市町でも別段の面積を設定していないため。

(2)農地法施行規則第17条第2項の適用について
(方針)別段の面積の設定は行わない。
(理由)平成30年度の農地法第30条の規定に基づく利用状況調査の結果、管内の遊休農地率は1.33%と低い現状であるため。

■下限面積(別段の面積)とは
農地法第3条の許可要件の1つとして、下限面積の要件があります。農地の権利を取得するには、取得しようとする農地を含め、経営する農地の面積が50アール以上必要となります。

お問い合わせ

農業委員会事務局(第三庁舎4階)
電話:048-963-9279 ファクス:048-963-9175

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る