このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

平成30年4月からの保育施設への入所申込(保育所・保育園・認定こども園・地域型保育)

更新日:2017年11月17日

関連情報

保育施設の案内(保育所・保育園・認定こども園(保育部分)・地域型保育)」に進む
幼稚園・認定こども園(教育部分)」に進む

認定こども園や地域型保育も対象施設です

 認定こども園(保育部分)や地域型保育も申込の対象となります。
 記入しなかった園にはご案内できません。一覧表や保育施設ガイドを参考に、通える範囲でなるべく多くの施設を希望してください。
 ※あらかじめ見学等しておくことをおすすめします。

幼稚園もご検討ください(3〜5歳児)

 通常の終園時間前後(17時30分や18時までが多い。19時までの園もあります)や長期休業期間中に預かり保育を実施している幼稚園が多くあります。
 詳しくは、「幼稚園・認定こども園(教育部分)入園のしくみ」または「保育所・保育サービスのご案内」をご覧ください。
 ※「幼稚園・認定こども園(教育部分)入園のしくみ」は、9月中に発行予定です。
 「幼稚園・認定こども園(教育部分)」に進む

お知らせ

用紙の配布について

 「子ども・子育て支援支給認定申請書(保育施設利用申込書)」は、10月2日から子ども育成課と保育所・保育園・認定こども園・地域型保育で配布しています。
 ※「保育所・保育サービスのご案内」は、このページの一番下にファイルがあります。

保育施設見学会

 一斉見学会を平成29年9月7日(木曜)・8日(金曜)の2日間行いました。
※一斉見学会と別に見学会や説明会を実施しております。各園にお問い合わせください。

平成30年4月開設の新しい地域型保育

 公募の結果、2園が選定されました。今後、開設に向けて準備を進めていきます。

※(仮称)ふらっと夢保育園は、法人の都合により開設しないこととなりました。
※各園の特徴やメッセージを追加しました。

4月入所の受入予定の目安

平成29年11月12日時点での受入予定数は、下記リンクのとおりです。
入所申込や希望先変更を検討される際、参考としてください。

※この表は、あくまで平成29年11月12日時点での予定人数をまとめたものです。
 在所児の継続状況等により人数が変動する場合があります。目安程度にご活用ください。
※「0」のところも、在所児の移行により受入れできる場合があります。
 (空きがない保育施設の在所児が、他の保育施設に移る希望を出し、かなった場合、その枠が募集枠になります。)
 これを踏まえ、希望保育施設は、あくまで通える範囲で行きたい順番にお書きください。

クラス年齢

クラス年齢 生年月日
5歳児 H24.4.2〜H25.4.1 2012.4.2〜2013.4.1
4歳児 H25.4.2〜H26.4.1 2013.4.2〜2014.4.1
3歳児 H26.4.2〜H27.4.1 2014.4.2〜2015.4.1
2歳児

H27.4.2〜H28.4.1

2015.4.2〜2016.4.1
1歳児 H28.4.2〜H29.4.1 2016.4.2〜2017.4.1
0歳児 H29.4.2〜 2017.4.2〜

子ども・子育て支援支給認定

認定とは

 保育所・保育園、幼稚園、認定こども園、地域型保育などの利用を希望する保護者の方には、利用のための認定(「子ども・子育て支援支給認定」といいます。)を受けていただきます。
 次の3つの区分に応じて、施設などの利用先が決まっていきます。

1号認定 教育標準時間認定
 お子さんが満3歳以上で、教育を希望する場合
 利用先 幼稚園、認定こども園(教育部分)

2号認定 満3歳以上・保育認定
 お子さんが満3歳以上で、「保育の必要な事由」に該当し、保育所等での保育を希望する場合
 利用先 保育所、認定こども園(保育部分)
3号認定 満3歳未満・保育認定
 お子さんが満3歳未満で、「保育の必要な事由」に該当し、保育所等での保育を希望する場合
 利用先 保育所、認定こども園(保育部分)、地域型保育

※さらに、2号認定・3号認定の場合、「保育標準時間」と「保育短時間」のいずれかに区分されます。

「保育標準時間」利用 就労時間 週30時間以上かつ月120時間以上
 ※120時間の目安:週5日1日6時間
「保育短時間」利用 就労時間 月64時間以上上記未満

保育認定の事由(2号・3号)

 保育認定(2号・3号)に当たっては、保護者(父母)に次のいずれかの事情があり、常時(月64時間以上(目安:週4日以上かつ1日4時間以上))保育が必要な状態にあることが必要です。
 「集団生活を経験させたい」、「教育を受けさせたい」などの方は、1号認定となります。

保育が必要な事由
認定区分
認定期間・入所期間

就労

日常の家事以外の仕事をしている場合
※フルタイムのほか、パートタイム、夜間、居宅内の労働などを含む(内職は条件有)
※無収入の労働は、ボランティアと同義のため、就労とみなせません。

就労時間による
⇒上記参照

最長3年間(就学前)
(認定は3年間だが、事由継続の場合就学前まで延長できる。以下同じ)

求職活動

求職活動を継続的に行っている場合
(就労内定を含む)

保育
短時間
(就労内定の場合は就労予定時間による)

3か月
※期限内に勤務証明書が提出された場合は、最長で3年間(就学前)とする。

育児休業取得中の継続利用

育児休業取得中に、既に保育を利用している子がいて継続利用が必要な場合
※新規入所の児童は該当しません

保育
短時間

産まれたお子さんが1歳を迎える年度の3月末 (翌年度5歳児の場合は、就学前まで)
※期間経過後、5月14日までに復帰した場合は、最長で3年間(就学前)とする。
※産まれたお子さんの保育所等の4月入所申込をしたが入所できなかった場合は、産まれたお子さんが2歳を迎える年度の3月末まで期間を延長する。

妊娠・出産

妊娠中であるか、出産後間もない場合

保育
標準時間

出産前:出産予定月を基準に前2か月
出産後:出産日を基準に後8週の翌日が属する月末
以後継続したい場合は退所の上再申込

就学

学校または職業訓練校に在学している場合

就学時間による(就労参照)

最長3年間
(就学前)
※保育の必要性がなくなった場合は、その時点まで。

病気・障がい

病気、負傷、心身に障がいがある場合

保育標準時間:利用調整基準指数18以上

病人の
看護等

同居の親族(長期間入院等をしている場合も含む)を介護または看護している場合

居宅内

保育短時間:利用調整基準指数4以上17以下

居宅外

介護等の時間による(就労参照)

災害復旧

震災、風水害、火災等の復旧にあたる場合

保育標準時間

虐待・DV

虐待やDVのおそれがある場合

保育標準時間

その他

上記に類する状態にある場合

申請内容による

※事由によって認定期間が異なります。事由がなくなったときは、認定取消(退所)となります
※保護者がお子さんを保育できる場合は、認定を受けられません。
※出産予定日が次に該当する場合は、出産要件としての申込となります(移行の場合を除く)。
 4月入所の場合:3月19日〜5月12日(翌月14日までに職場復帰できない期間、労働基準法の就業禁止期間)

一覧と案内図

保育時間・休所日・給食・利用者負担額について

平成30年4月入所の申請ができる方

 越谷市在住または転入予定者で、平成30年4月1日に各施設が定めた受入可能月齢(生後3か月など。一覧参照)を経過している乳児から申込ができます。
※転入予定者は平成30年3月末までに転入手続を済ませていることが必要です。
 なお、市外在住者の越谷市内の保育施設への申込は、「保育施設の広域入所」をご覧ください。

育児休業中の方

 育児休業終了予定月より前に保育施設への入所を希望する場合は、平成30年5月14日までに復職することが条件となります
 復職証明書の提出がない場合は退所となります。
 また、復職を機に転職する場合は、新しい勤務先の勤務日数・時間が前職の利用調整基準の指数と比べて同点以上の場合のみ入所ができます(退職し介護等に保育認定の事由が変更となった場合も同様)。

保育施設を移りたい場合

 現在、保育施設に入所中で、平成30年4月から別の保育施設への移行を希望する場合も、一斉受付で申込をしてください。
 なお、移行が決定した場合、現在の保育施設には戻ることができません。

特別支援保育(軽い障がいや発達に遅れがある児童等の入所)

 心身に軽い障がいや発達に遅れがある0〜5歳児の保育を、保育所等で行っています。
 平成30年4月から保育所等への入所を希望する方は、10月〜11月の予定が分かるものを用意の上、下記の日時に子ども育成課へお電話ください。
時間
 平成29年9月6日(水曜)〜13日(水曜)、午前8時30分〜午後5時15分
 ※土曜・日曜を除く。
対象
 子ども・子育て支援支給認定の「保育認定」を受ける事由(「保育施設の案内(保育所・保育園・認定こども園(保育部分)・地域型保育)」参照)があり、集団保育可能な児童
 ※入所申込みは別途必要です。

※市が指数による利用調整を行います。また、集団保育が困難なお子さんや、医療的介護が必要なお子さんは、入所できない場合があります。
※保育は、それぞれのお子さんの発達状況に応じて行いますが、あくまでも集団での保育となります。該当する保育所等には、保育士を1名配置しますが、特別支援保育のお子さん専門に1対1で対応するものではありません。
※年に2〜3回、発達支援の知識を有する者が保育のアドバイスをするため保育所等を巡回しますが、障がい等に対する専門的な訓練や治療は行いません。

保育所の一斉受付の受付日時(※終了しました)

区分

受付日程

受付時間

会場

新規
の方

平成29年11月12日(日曜)〜16日(木曜)
※日曜日と各日午前中は大変混雑が予想されます

9時〜16時

市役所第二庁舎5階大会議室

移行
の方

平成29年11月1日(水曜)〜2日(木曜)・6日(月曜)〜8日(水曜)
※市内の保育所・認定こども園(保育部分)・地域型保育を利用している方の他園に移る申込。都合がつかない方は、新規の方の日程でも受付可能です。

9時〜12時
13時〜16時

子ども育成課
(市役所第二庁舎2階)

※認定こども園(保育部分)・地域型保育への申込も、一斉受付で行います。

申込書等の配布時期

 申込書等は、10月2日から子ども育成課と各保育施設で配布しています。

申込順は入所と無関係!

入所の決定に際し、申込の順番は関係ありません

混雑予想

次の日は、大変な混雑が予想されます
※新規の方

  • 1日目の11月12日(日曜)
  • 各日の午前中

※移行の方

  • 1日目の11月1日(水曜)
  • 2日目の11月2日(木曜)
  • 3日目の11月6日(月曜)

 期間中の他の日にちでご都合がつくようでしたら、上記の日は極力お避けください
 なお、その他の日でも、受付開始(9時)直後は大変混み合います。くれぐれも時間には十分な余裕を持ってお越しください

駐車場

 できる限り公共交通機関をご利用ください。車の場合は、市役所北側駐車場をご利用ください。
 ※日曜日と平日18時以降の南側駐車場は有料ですのでご注意ください。

申請書など書類はあらかじめ準備を!

申請書は、あらかじめ自宅等でご記入ください。混雑をできる限り緩和し、待ち時間を少しでも短くするため、ご協力をお願いします。
※書類が不備の場合、受付できないことがあります。添付書類の不備などには、特に注意してください。

一斉受付後の2次受付

 一斉受付後、保育施設の4月入所申込の2次受付を行います。
※2次受付分は、2回目の利用調整からの対象者となります。
日時
 平成29年11月17日(金曜)〜平成30年2月9日(金曜)、8時30分〜17時15分
場所
 子ども育成課(越谷市役所第二庁舎2階)

2次受付の注意

 2次受付分は、2次利用調整からの対象者となります。
 「2次利用調整」とは、次のような場合にのみ利用調整を行うことです。

  • 1回目の利用調整後の時点で保育施設の定員に空きがある場合
  • 既に1回目の利用調整で入所決定した児童が、事情により申込を取り下げ、保育施設の定員に空きが生じた場合 など

※4月からの保育施設の入所をあらかじめ希望する場合は、必ず一斉受付で申し込んでください。

3次受付(転入者のみ)

 2次利用調整後、転入者のみを対象に保育施設の4月入所申込の3次受付を行います。
※3次受付は、「平成30年1月以降の転入者」のみ受付をし、2回目の利用調整後、当該児童のみ利用調整を行います(一斉受付と2次受付の方は調整対象外)。
日時
 平成30年2月13日(火曜)〜平成30年3月9日(金曜)、8時30分〜17時15分
場所
 子ども育成課(越谷市役所第二庁舎2階)

申請に必要な書類

保育施設の案内(保育所・保育園・認定こども園(保育部分)・地域型保育)」をご覧ください。

利用調整方法

 保育認定後、「特定教育・保育施設等利用調整基準」に基づき指数を付けます。
 その後利用調整を行い、指数の高い児童から入所者を決定します。

 平成30年度の利用調整基準は、次のとおりです。

認定・利用調整結果と申込書の有効期限

一斉受付分

 入所の承諾(あっせん可)・不承諾(あっせん不可)にかかわらず、認定結果とあわせて平成30年2月上旬に郵送で通知します
 なお、入所が不承諾となった場合、2次受付申込児童と4月入所の「2次利用調整」を行い、入所承諾となった場合のみ、平成30年3月上旬に郵送で改めて通知します。
 「2次利用調整」でも入所承諾とならなかった場合、5月以降の利用調整で各月入所申込児童と一緒に利用調整を行い、入所承諾となった場合のみ改めて通知します。(一斉受付の方は3次利用調整の対象外)

2次受付分・3次受付分

  入所の承諾・不承諾にかかわらず、2次受付分は平成30年3月上旬に、3次受付分は3月下旬に、それぞれ郵送で通知します。
  なお、入所が不承諾となった場合、5月以降の利用調整で各月入所申込児童と一緒に利用調整を行い、入所承諾となった場合のみ改めて通知します。(2次受付の方は3次利用調整の対象外)

申込書の有効期限

 平成31年3月まで(「出産」が理由の場合は、入所できる期間まで)
※平成31年4月以降は、改めて申込が必要です。

地域型保育をご利用ください

 0歳児〜2歳児のお子さんをお預かりする「地域型保育」の事業所があります。
 仕事や病気等のために保育が必要なお子さんを、家庭的な環境の中で心身ともに健やかに育つよう設けられた認可事業です。
 越谷市内に40か所以上あり、多くの方にご利用いただいております。
 4月入所の利用調整の対象となりますので、検討してください。

ダウンロード

※平成30年度用の申込書や各種様式は、10月2日(月曜)から「保育施設の案内(保育所・保育園・認定こども園(保育部分)・地域型保育)」に掲載します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

子ども家庭部 子ども育成課(第二庁舎2階)
電話:048-963-9167 ファクス:048-963-8421

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る