このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

妊婦健康診査費用助成について

更新日:2020年7月14日

委託医療機関以外で妊婦健康診査を受けた方で、越谷市の助成券等が使用できなかった妊婦の方に妊婦健康診査費用の助成があります。

助成の対象となる方

妊婦健康診査当日に越谷市に住民票のある方で、妊婦健康診査対象者のうち、埼玉県契約医療機関以外(国内)で妊婦健康診査を受けて、健診費用の自己負担があった方。

助成の金額

妊婦健康診査費用の自己負担分(上限あり)

申請の際に必要なもの

  • 妊婦健康診査助成金交付申請書(第1号様式) ※ダウンロードしていただくか、窓口でもお渡しできます
  • 印鑑
  • 健診時に使用できなかった助成券
  • 母子健康手帳
  • 医療機関が発行する領収書、明細書等

妊婦健康診査・助成金交付の流れ

1. 母子健康手帳を持ち、妊婦健康診査(以下「妊婦健診」という)を受ける。必ず、結果を母子健康手帳に記録してもらう。検査結果などの記載された用紙がある場合は、それをもらう。

2. 支払った金額の領収書を受け取る。

3. 出産後1年未満(お子さんの1歳の誕生日の前日まで)に、市民健康課(保健センター)窓口に、越谷市妊婦健康診査助成金交付申請書(第1号様式)と添付書類を提出する。(申請書はこのページからダウンロードできます。)
1)妊婦健診時に使用できなかった助成券 ※太枠内はすべて記入してください。
2)妊婦健診の受診日、検査結果等の事項が記載された母子健康手帳、検査記録票の写し
3)妊婦健診の費用として医療機関等に支払った額を証する書類(受診医療機関等の名称及び受診日が明記された領収書・明細書等。コピーは不可)

4. 申請内容の確認、審査後、交付決定通知書と交付請求書を受ける。

5. 4.に基づき交付請求書を記入し、提出する。

6. 請求に基づき、後日、指定の口座(請求者と振込先の口座の名義人は同一名にしてください。ただし、委任される方は請求書内の委任状に記載してください。)に振り込まれます。

注意事項

  • 申請書の「住所(受診日における住所地)」欄には、越谷市の住所を記入してください。
  • 助成金の交付申請は、出産日から起算して1年未満(お子さんの1歳の誕生日の前日まで)に行ってください。
  • 助成金の交付額は、妊婦健診に要する費用として医療機関等に支払った額と妊婦健康診査業務委託契約に基づき助成券等の項目に応じて市が委託医療機関に支払う委託料の額のうちいずれか少ない額となります。

お問い合わせ

保健医療部 市民健康課 母子保健((東越谷十丁目31番地(保健センター1階))
電話:048-960-1100 ファクス:048-967-5118

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る