このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

羽田空港の機能強化に向けた対応について

更新日:2019年10月1日

羽田空港・成田空港の現状と課題

昨今、羽田空港・成田空港の需要は年々高まっており、2020年代前半には、現在の計画処理能力の限界である年間合計発着枠約75万回を上回る見込みとなっています。
現在も、羽田空港の昼間時間帯や成田空港で国際線の出発・到着が集中する夕方の時間帯は、それぞれの空港の処理能力の限度までダイヤが設定され、航空会社が希望時間帯に就航できない事態が発生しています。
また、2020年に開催されるオリンピック・パラリンピックにより、さらに需要が高まる可能性があります。

羽田空港の飛行経路の見直し

そこで、国では、首都圏の国際競争力の強化、訪日外国人旅行者のさらなる増加、国内各地への経済効果の波及等の観点から、羽田空港・成田空港の機能強化を図る必要があると判断し、羽田空港では滑走路の運用や飛行経路の見直しなどの検討を進めています。

越谷市への影響

航空機は向かい風で発着するため、羽田空港での風向きによって飛行経路は変わります。

南風の時

午後3時〜午後7時、着陸便が越谷市上空を約5000フィート(約1500メートル)以上で通過する予定

南風運用時の新経路案

北風の時

午前7時〜午前11時30分及び午後3時〜午後7時、離陸便が足立区上空を約6000フィート(約1800メートル)以上で飛行し、そのまま北上して越谷市上空を通過する予定

北風運用時の新たな経路案について

騒音の影響

国土交通省によると、離陸時に約1800メートル上空を飛行する場合の屋外での騒音は61〜69デシベル、着陸時に約1500メートル上空を飛行する場合の屋外での騒音は56〜66デシベルと想定されており、この数値は一般的な人の話し声の50〜70デシベルとほぼ同等の騒音になると予測されています。
新しい飛行経路に関し、今後、国では新経路での検査飛行、騒音測定局における騒音モニタリングや測定結果の情報提供に取り組む予定です。

羽田空港の新飛行経路に関する飛行検査実施について

飛行検査実施について

2020年3月29日に羽田空港の新飛行経路の運用を開始します。
運用に先立ち新飛行経路を離着陸する航空機が安全に飛行できるようにするため、航空法の規定に基づき2019年12月下旬までの期間、飛行検査を実施しております。

「羽田空港のこれから」

その他、詳細につきましては、以下の国土交通省ホームページ「羽田空港のこれから」をご覧ください。

〈特設電話窓口〉
「羽田空港のこれから」に関する電話相談
電話:0570-001-160(IP電話からは03-5908-2420)
受付時間は平日、午前9時30分〜午後7時

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

環境経済部 環境政策課(第三庁舎4階)
電話:048-963-9186 ファクス:048-963-9175

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

水質・生活環境

このページを見ている人は
こんなページも見ています

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る