このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

中核市シリーズ 中核市だより(9)

更新日:2013年5月1日

「市民サービスはどう変わりますか?」(第5回)

中核市移行後に変わる行政サービスをご紹介します。

○監査機能を強化します
・外部監査制度
中核市に移行すると、地方自治法により「外部監査人」による「包括外部監査」が義務づけられます。
外部監査制度とは、市の組織に属さない外部の専門的知識を有する者が、外部監査契約に基づいて、市の財務等の監査を行う制度です。
外部監査制度の導入により、監査機能の専門性・独立性を一層強化し、従来の監査委員による監査とあわせ、行政運営の更なる適正確保を図ります。
○救助体制を強化します
・高度救助隊の設置
中核市に移行すると、総務省令により高度救助隊の設置が必要となります。
高度救助隊とは、画像探索機や地震警報器などの救助器具を備え、人命救助に関する専門的な教育を受けた隊員5名以上で編成される救助隊です。
現在本市には、消防署と大袋分署に救助隊を配置していますが、このうち、消防署の救助隊を高度救助隊とすることで、倒壊した建物から生存者の早期発見・救出など、より一層の体制強化を図ります。

高度救助隊イメージ図

次回(6月号)は概要版の掲載です。

お問い合わせ

総合政策部 政策課企画担当(本庁舎4階)
電話:048-963-9112 ファクス:048-965-6433

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る