このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

中核市シリーズ 中核市だより(2)

更新日:2012年4月4日

(2)なぜ中核市を目指すのですか?

 近年、社会や経済の状況が大きく変化し、市民の皆さんの生活様式や価値観、需要も多様化・高度化しています。
 そのような中で、市では住みよいまちづくりを進めていくために、その考え方や市民参加と協働によるまちづくりの仕組みについて定めた「越谷市自治基本条例」を制定しました。       
現在、この条例に基づき、「第4次越谷市総合振興計画」を策定し、「水と緑と太陽に恵まれた 人と地域が支える安全・安心・快適都市」を将来像としたまちづくりを進めています。
 しかし、地域の実情にあったまちづくりを進めていくためには、より多くの事務権限が必要となります。
 中核市になると、県から市へ市民生活に関わりの深い事務や許可・認可などの権限が移ります。そして、事務の効率化が進められ、住民に身近なところできめ細かな行政サービスを提供できるようになります。そのため、多くの事務権限をもつ中核市への移行を目指すこととしました。

≪予告≫次回は7月号の掲載予定です。テーマは「中核市に移行するメリットは?」

お問い合わせ

総合政策部 政策課企画担当(本庁舎4階)
電話:048-963-9112 ファクス:048-965-6433

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る