このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

令和2年度 当初予算の概要

更新日:2020年3月18日

一般会計・特別会計・病院事業会計・公共下水道事業会計を合わせて令和2年度予算は総額1851億1400万円

1 一般会計予算の概要

一般会計予算は1056億円(7.4%増)

 令和2年度は、最終年度を迎える第4次越谷市総合振興計画や、まち・ひと・しごと創生総合戦略の着実な推進と、市民が誇れる いきいきと活性化するまちづくりをさらに推進するため、子育てしやすい環境づくりや、災害に強いまちづくりへの取組を強化するなど、安全・安心・快適なまちづくりを意識した予算編成を行いました。

歳入 市税は前年度比0.1%増

 全体の5割を占める市税は、市民税が前年度比1.5%減の230億8300万円、固定資産税が1.8%増の182億5100万円などで、全体で前年度比0.1%増となっています。
 繰入金は、財政調整基金からの繰入金の増などにより前年度比25.6%増となっています。
 国庫支出金は、幼児教育・保育無償化に係る負担金の増などにより前年度比7.6%増、市債は、公共施設整備に係る通常債の増などにより前年度比51.1%増となっています。

歳入予算額の内訳
  予算額 構成比 対前年度増減率

市税

468億4400万円 44.4%

0.1%

国庫支出金 179億4991万円 17.0% 7.6%
市債

119億1430万円

11.3% 51.1%
地方消費税交付金 70億円 6.6% 27.3%
県支出金 66億5266万円 6.3%

11.1%

繰入金

40億1191万円

3.8%

25.6%

諸収入

30億5907万円

2.9%

▲17.4%

地方交付税

29億円

2.7%

▲3.3%

その他
使用料及び手数料、繰越金、分担金及び負担金、地方譲与税など

52億6815万円 5.0%

▲4.8%

歳入合計

1056億円

100.0% 7.4%

歳出 扶助費は前年度比10.0%増

 扶助費は、生活保護扶助費のほか、幼児教育・保育の無償化に係る給付費の増などにより前年度比10.0%増となっています。
 普通建設事業費は、本庁舎整備等に係る事業費の増などにより前年度比62.9%増、物件費は、プレミアム付商品券事業に係る業務委託料の減などにより前年度比12.6%減となっています。
 公債費は、過去の市債の償還完了などにより前年度比0.3%減となっています。
 また、繰出金は、公共下水道特別会計の公営企業会計移行に伴う繰出金の減などにより前年度比25.3%減となっています。

歳出予算の性質別内訳
  予算額 構成比 対前年度増減率
扶助費 291億4090万円 27.6%

10.0%

人件費

210億4399万円

19.9% 11.2%
物件費 160億6901万円 15.2% ▲12.6%
普通建設事業費

139億7976万円

13.2% 62.9%
補助費等 99億840万円 9.4% 23.0%
公債費

74億2992万円

7.1% ▲0.3%

その他
繰出金、貸付金、維持補修費など

80億2802万円

7.6%

22.9%

歳出合計

1056億円

100.0%

7.4%

歳出予算の目的別内訳
  予算額 構成比 対前年度増減率
民生費

480億6522万円

45.5%

4.2%

総務費 169億2439万円 16.0% 69.6%
教育費 100億4634万円

9.5%

2.3%

土木費 93億7132万円 8.9% ▲4.4%
衛生費 84億8248万円 8.0% ▲12.5%
公債費 74億2992万円 7.0% ▲0.3%
消防費 32億8842万円 3.1% ▲5.4%

その他
商工費、農林水産業費、議会費など

19億9191万円 2.0% 1.3%
歳出合計 1056億円 100.0% 7.4%

 なお、市民1人当たりに換算した予算額と市税負担額は次のとおりです。(令和2年3月1日現在総人口344,416人)

市民1人当たりの予算額は、30万6606円
  市民1人当たりの予算額
福祉サービスに

8万4610円

職員の給与や議員報酬などに 6万1100円
市の借入金の返済に 2万1573円
学校、道路、公園等の建設などに 4万590円
委託料や光熱水費などの管理費に 4万6656円
その他(負担金や補修費用などに) 5万2077円
市民1人当たりの市税負担額は、13万6010円
  市民1人当たりの市税負担額
市民税 6万7021円
固定資産税 5万2991円
軽自動車税 1147円
市たばこ税 6068円
事業所税 1919円
都市計画税 6864円

2 令和2年度の主な重点戦略事業

重点戦略1 子どもも高齢者も元気な未来創造プロジェクト

主な施策の事業費

事業名

事業費

母子健康づくり事業

1199万円

がん検診等事業

4億3662万円

子育て支援事業

4160万円

子ども・子育て支援給付事業

65億円

障がい者就労支援事業

2020万円

老人福祉センター運営事業 3億3368万円
特別養護老人ホーム等施設整備促進事業 5億3400万円
西大袋土地区画整理事業 7億8000万円
公共交通事業 1億5884万円
小中学校空調設備設置事業 1億6030万円
教職員資質向上事業 1906万円

重点戦略2 地域の協働推進プロジェクト

主な施策の事業費
事業名 事業費
市民活動支援センター管理事業 1億2004万円
自治会振興事業 1億10万円
集会施設整備事業

3000万円

大沢地区センター・公民館整備事業 5億5815万円
コミュニティ活動推進事業 4551万円
公園施設維持管理事業 5億2044万円
自主防災組織育成事業 1200万円

重点戦略3 安全で利用しやすい公共施設等のマネジメントプロジェクト

主な施策の事業費

事業名

事業費

道路舗装事業

4億500万円

橋りょう耐震化整備事業

1億6100万円

交通安全施設整備事業

1億4380万円

排水機場施設維持管理事業

2億25万円

重点戦略4 こしがや魅力発信プロジェクト

主な施策の事業費
事業名 事業費
ホームページ・テレビ広報事業 1830万円
道の駅整備事業 1200万円
再生可能エネルギー推進事業 1000万円
産業活性化推進事業 2580万円
中心市街地活性化推進事業 485万円
観光推進事業 7916万円
魅力発信事業 2425万円
流通・工業系土地利用事業 4400万円
地産地消推進事業 415万円
農地利用集積事業

1470万円

農業従事・後継者育成事業 1806万円

重点戦略5 安心を実感できる命と財産を守るプロジェクト

主な施策の事業費
事業名 事業費
急患診療所診療業務事業 1億2341万円
救急医療対策事業 1602万円
感染症対策事業 2528万円
災害予防対策事業 5842万円

3 令和2年度の主な新規事業

事業名 事業費 内容
大相模保育所整備事業 4億4341万円 保育環境の充実や待機児童の解消を図るため、大相模保育所の建替えを行います。

4 特別会計予算と公営企業会計予算

 特別会計は、特定の歳入歳出を、一般の歳入歳出と区別して経理するための会計です。8つの特別会計の総額は、563億900万円で、前年度比14.3%減となっています。

特別会計予算
特別会計名 歳入歳出予算額 対前年度増減率
国民健康保険特別会計 305億5000万円 ▲5.7%
後期高齢者医療特別会計 41億6000万円 8.1%
介護保険特別会計 192億2000万円 2.9%
母子父子寡婦福祉資金貸付金特別会計 1億3600万円

47.8%

東越谷土地区画整理事業費特別会計

8000万円 ▲84.9%

七左第一土地区画整理事業費特別会計

1億円 ▲16.7%

西大袋土地区画整理事業費特別会計

16億7000万円 ▲1.8%

公共用地先行取得事業費特別会計

3億9300万円 0.3%
公共下水道事業費特別会計

-

皆減

563億900万円 ▲14.3%
病院事業会計予算
企業会計名 歳入歳出予算額 対前年度増減率
病院事業会計 123億8500万円

1.8%


公共下水道事業会計予算
企業会計名歳入歳出予算額対前年度増減率
公共下水道事業会計108億2000万円皆増

令和2年度当初予算の概要:印刷用

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

行財政部 財政課 (本庁舎3階)
電話:048-963-9115 ファクス:048-965-8028

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る