このページの先頭です
このページの本文へ移動
越谷市
サイトメニューここから

越谷市役所

〒343-8501 埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号(地図・庁舎案内開庁日時のご案内) 電話:048-964-2111(代表)(各課直通番号


サイトメニューここまで
現在のページ 越谷市公式ホームページ の中の 市政・市民参加 の中の 行政評価・行政改革 の中の 行政改革 の中の 第4次行政改革の取組状況をお知らせします のページです。

本文ここから

第4次行政改革の取組状況をお知らせします

更新日:2011年9月1日

 市では、平成18年3月に策定した「第4次越谷市行政改革大綱及び実施計画(集中改革プラン)」に基づき、社会経済情勢の変化に的確に対応し、最少の経費で最大の効果を挙げることのできる行政運営を推進するため、平成17年度から平成22年度までを計画期間とする行政改革に取り組んできました。このたび、最終年度となる平成22年度までの取組結果がまとまりましたので、お知らせします。

平成22年度までの取組状況と効果

 第4次行政改革では、事務事業の見直しをはじめ、定員管理及び給与の適正化や経費の節減合理化等財政の健全化など、大綱で掲げる推進事項に基づき、53項目(当初42項目。平成18年度に5項目、平成19年度に3項目、平成20年度に2項目、平成21年度に1項目を追加)の取組を実施計画(集中改革プラン)に位置付けました。
 計画期間の最終年度となる平成22年度の実績は、歳出に関する取組では、集中改革プランの取組が20項目、その他の取組が4項目で、効果額に換算すると約5億7,100万円でした。また、歳入に関する取組では、集中改革プランの取組が2項目、その他の取組が1項目で、約1億6,000万円の効果額となり、歳出・歳入の効果額の合計は約7億3,100万円でした。
 この結果、平成22年度末までに実施した取組全体による効果額の累計は約36億8,200万円となりました。
 なお、平成22年度に実施した主な取組と効果は次表のとおりです。これらの経費削減や歳入確保の取組により得られた財源、あるいは業務の質的向上等を通じて、市民の皆さんへのサービスの充実や将来にわたるまちづくりの一層の推進を今後とも適切に図ってまいります。(各年度における取組の詳細については、それぞれの実績報告書をご覧ください。)

【表】
平成22年度の主な取組と実質効果額(概算)
 ・市斎場管理運営業務のPFI【▲9,880万円】         
 ・児童館運営の見直し【▲385万円】         
 ・養液栽培業務の一部民間委託【▲1,192万円】         
 ・市営住宅の管理代行委託【▲690万円】         
 ・市立病院経営健全化の推進(経費削減等)【▲2,714万円】         
 ・給与水準の適正化【▲7,341万円】         
 ・しらこばと職業センターの効果的運営【▲1,960万円】         
 ・養護老人ホームの運営の見直し【▲4,098万円】         
 ・図書館の運営体制の見直し【▲1,848万円】         
 ・科学技術体験センター管理運営等の業務委託【▲1,192万円】         
 ・市税の収納率向上と自主財源の確保【収納率:県内40市中第1位】         
 ・市立病院経営健全化の推進(診療報酬の確保)【1億5,930万円】

※ 【 】は、各取組による人件費や諸経費の削減分または歳入確保額から、その実施に要した投資的経費を除いた実質効果額(1万円未満は四捨五入)です。
※ 実質効果額の▲表示は費用削減額を示します。
※ 実質効果額の算定にあたっては、その年度に新たに発生した効果額のみを対象として計上しています。
  なお、実質効果額は数値で算定できるものだけを記載しています。

ダウンロード

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。用語解説の内容等については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

行財政部 行政管理課(第二庁舎3階)
電話:048-963-9313 ファクス:048-965-8028

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

越谷市役所

〒343-8501 埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号 電話:048-964-2111(代表) 開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分 法人番号:6000020112224
Copyright © Koshigaya City. All rights reserved.