このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

新型コロナウイルス感染症の影響に係る介護保険料の減免について

更新日:2020年6月1日

新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入が減少する見込みのある65歳以上の方に対して、申請により介護保険料の減免を実施します。
受付の開始は、令和2年6月15日(月曜日)を予定しています。申請書類等の詳細は6月中旬にホームページに掲載します。
なお、感染拡大防止の観点から、申請は郵送とします。

1.減免の対象となる方について

(1)新型コロナウイルス感染症により、その者の属する世帯の主たる生計維持者が死亡し、又は重篤な傷病を負った第一号被保険者

減額または免除される額

対象保険料額を全て免除します。

※重篤な傷病とは、新型コロナウイルス感染症の症状が重く、回復までに長期間を要するなど、世帯の経済状況等に与える影響が大きいと認められる場合をいい、具体的には、1ヶ月以上の治療を有すると認めれられる場合。

(2)新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入、不動産収入、山林収入又は給与収入(以下「事業収入等」という。)が前年と比べて一定以上減少する見込みのある第一号被保険者

【要件】
新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入等の減少が見込まれ、次の1及び2に該当する第一号被保険者
1.事業収入等のいずれかの減少額(保険金、損害賠償等により補填されるべき金額を控除した額)が前年の当該事業収入等の額の10分の3以上であること。
2.減少することが見込まれる事業収入等に係る所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること。

 
 
減額または免除される額

減免対象保険料額(A×B/C)に減免割合(D)を乗じた金額

減免対象保険料額
(A×B/C)

A:当該第一号被保険者の保険料額
B:第一号被保険者の属する世帯の主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等に係る前年の所得額(減少することが見込まれる事業収入等が2以上ある場合はその合計額)
C:第一号被保険者の属する世帯の主たる生計維持者の前年の合計所得金額

減免割合(D)

主たる生計維持者の前年の合計所得金額に応じて決定します。
・200万円以下であるとき 全部
・200万円を超えるとき 10分の8
※事業等の廃止や失業の場合には、前年の合計所得金額にかかわらず、減免対象保険料額の全部を免除

注意事項

新型コロナウイルス感染症の影響ではないことが明らかな場合(例:懲戒解雇や昨年中の離転職等が主な原因となって収入減少したことが明らかな場合等)は、対象外となります。

2.減免対象となる介護保険料について

令和元年度分及び令和2年度分の保険料であって、令和2年2月1日から令和3年3月31日までの間に普通徴収の納期限(特別徴収の場合にあっては特別徴収対象年金給付の支払日)が設定されているものが対象。

お問い合わせ

福祉部 介護保険課(第二庁舎1階)
電話:048-963-9168 ファクス:048-965-3289

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る