このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

「こしがやエモいマップ」について

更新日:2020年2月17日

概要について

コンセプト

「こしがやエモいマップ」は、『誰だって、心に自分だけの地図を持っている。』をテーマに、市民の皆さんがそれぞれに心に残る市内の場所とそこにまつわる物語を集め、編集した、新たな越谷市の地図です。「エモい」とは英語の「emotional」に由来し、感情に強く訴えかける心の動きを表す新しい言葉。
「こしがやエモいマップ」では、新しいまちの見え方を提案します。

制作過程

「こしがやエモいマップ」を制作するにあたって、子育てサロンの参加者、大学生、地域のコミュニティづくりの担い手などを対象に、全9回にわたるワークショップを開催するとともに、駅やショッピングモールなどでアンケート調査を実施しました。
また、「こしがやの未来を創る魅力宣伝大使」である、益若つばささん、星奈津美さん、阿炎政虎さんの3名へ取材を行いました。


大相撲幕内力士 阿炎関

「こしがやエモいマップ」冊子編

冊子のダウンロード

綴じ込みマップ表記内容の訂正について

配布・公開しておりました「こしがやエモいマップ」(冊子編)の綴じ込みマップに関して、表記内容に誤りがございました。
詳細は下記のとおりとなります。

No. 該当箇所・ページ等
1 綴じ込みマップ裏面「RESEARCH」の「DAY6 10/4」 株式会社ポラス ポラスグループ
2

同上

越谷市で創業した 越谷市に本社を構える
3

同上

本社営業課の若手社員の皆さん 若手社員の皆さん
4

綴じ込みマップ表面及び4ページ「うさぎや」の住所

大字南荻島603-1

内容

集められたスポット(場所)を、4つのテーマ「テンアゲ」・「はじめて」・「サブイボ」・「チルアウト」に分類、ランキング化し、その場所にまつわるエピソード(物語)とあわせて掲載しています。また、こしがやの未来を創る魅力宣伝大使の皆さんから、各テーマに沿った越谷市の想い出を、コラムとして掲載しています。
さらに、ランキングに登場するスポット(場所)を掲載した越谷市の全図(B3判)も冊子内に綴じ込んであり、取り外して持ち歩きができるようにしました。

各テーマ

●「テンアゲ」マップ
「テンアゲ」とは「テンション(感情)が上がる」を省略した言葉です。食事やショッピング、アウトドアなど、行くと感情の高ぶりを感じるスポットを掲載しています。
●「はじめて」マップ
人生で「はじめて」の体験をしたスポットを掲載しています。
●「サブイボ」マップ
「サブイボ」とは「鳥肌」のことを表します。「サブイボ(鳥肌)」が立つほどの感動・驚異・恐怖を感じたスポットを掲載しています。
●「チルアウト」マップ
「チルアウト」とは英語で「chill out(頭を冷やす・冷静になる)」と表記し、「くつろぐ・リラックスする」という意味で用いられます。リラックスできるスポット、一人で、もしくは家族・友人と過ごして、ささやかな幸せを感じられるスポットを掲載しています。

配布期間

令和2年(2020年)1月21日(火曜)から
※各配布場所ともに、在庫が無い、または大変少ない状況となっています。市役所観光課窓口でも配布を終了しています。大変申し訳ありませんが、PDF版をダウンロードしてご覧ください。

配布場所

  • 東武スカイツリーライン北千住駅(中央改札口)、新越谷駅、北越谷駅
  • 東武東上線池袋駅(北改札口) ※2月3日(月曜)から3月1日(日曜)まで
  • イオンレイクタウン
  • 越谷市役所観光課窓口(第三庁舎4階)

「こしがやエモいマップ」動画編

映像の公開

テンアゲ編

はじめて編

サブイボ編

チルアウト編

内容

「こしがやエモいマップ」冊子編の4つのテーマ、「テンアゲ」・「はじめて」・「サブイボ」・「チルアウト」に合わせてPR映像を制作しました。「こしがやの未来を創る魅力宣伝大使」の益若さん、星さん、阿炎関に加え、市民の皆さんが出演しています。
この映像はYouTubeで公開するほか、東武スカイツリーライン(南栗橋〜中目黒間)のトレインビジョンやイオンレイクタウンkazeのデジタルサイネージで放映し、こしがやの魅力を市内外にPRしています。

放映期間(東武スカイツリーライントレインビジョン、イオンレイクタウンkazeデジタルサイネージ)

(1)テンアゲ編
令和2年(2020年)2月3日(月曜)から2月9日(日曜)まで
(2)はじめて編
令和2年(2020年)2月10日(月曜)から2月16日(日曜)まで
(3)サブイボ編
令和2年(2020年)2月17日(月曜)から2月23日(日曜)まで
(4)チルアウト編
令和2年(2020年)2月24日(月曜)から3月1日(日曜)まで
※トレインビジョン、デジタルサイネージともに同時期の放映になります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

環境経済部 観光課(第三庁舎4階)
電話:048-967-1325 ファクス:048-963-9175

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

こしがやエモいマップ冊子編・動画編

  • 「こしがやエモいマップ」について

このページを見ている人は
こんなページも見ています

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る