このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

企業等で新型コロナウイルス感染症患者が発生した時の対応について

更新日:2021年9月27日

 越谷市内の企業等において、新型コロナウイルス感染症患者が発生した場合には、越谷市保健所が「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)」に基づき積極的疫学調査(接触者調査)を実施する場合があります。市内の事業者等の皆様におかれましては、対応の参考にしていただきますようお願いいたします。
 なお、新型コロナウイルス感染症対策につきまして、各業界団体が専門家の知見を踏まえて策定された業種別ガイドライン等があります。
事業者の皆様は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ぜひご活用ください。

体調不良時などの対応について

従業員等に体調不良者や濃厚接触者が発生した場合について、以下のフローを参考として、各企業における対策を行ってください。

消毒方法について

消毒方法については、厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ページ「新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について」をご確認ください。
新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(外部サイト)
消毒は各企業にて実施していただきますようお願いします。

積極的疫学調査(接触者調査)について

職場で新型コロナ患者の方が発生した時、職場内で感染が拡がっていないか(濃厚接触者がいないか)確認するため、患者ご本人の同意に基づき、職場の調査をする場合があります。 患者の所在地が越谷市以外の場合は、患者所在地を所管する自治体の保健所から依頼を受け調査します。保健所から調査の連絡をした際は、ご協力をお願いします。

調査の流れ

(1)患者ご本人の同意に基づき、保健所から職場調査のご連絡をいたします。
(2)下記リンクから「職場における感染防止対策チェックリスト」と「接触者リスト」をダウンロードし、保健所へご提出ください。
(3)ご提出いただいた資料を基に、保健所の職員が職場へ聞き取り調査※を行います。
※患者の勤務状況、最終出勤日、行動履歴、フロアの状況、座席の配置、換気状況等です。
必要に応じて、フロア図、シフト表等の提出をお願いしておりますので、ご協力お願いいたします。
(4)ご提出資料及び聞き取り内容を基に、濃厚接触者※を決定しその結果をご連絡いたします。案内に沿って、PCR検査の受診をお願いいたします。
※濃厚接触者の判断の目安は、以下のとおりです。
〇手で触れることのできる距離(目安として1メートル以内)で、適切な個人防護具を使用せず、一定時間(目安として15分以上)の接触があった場合。
〇患者の気道分泌物もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い場合。
(5)検査結果についてご連絡いたします。

濃厚接触者の健康観察について

濃厚接触者となった方は、患者との最終接触日の翌日から14日間は自宅待機をお願いいたします。
また、PCR検査を受診いただくため、順次調整を行います。
検査の結果、陽性となった方がいた場合には、さらに濃厚接触者の範囲の見直しを行います。
陰性となった場合でも、企業等において自宅待機期間中の健康観察※を行っていただき、その結果を取りまとめて、保健所に報告をお願いいたします。
なお、濃厚接触者以外の方に、保健所から自宅待機をお願いすることはありませんが、企業等の判断により出勤を控える等の対応を妨げるものではありません。
※健康観察とは、発症の可能性のある期間(患者との最終接触日から14日間)において、毎日体温測定と呼吸器症状がないか等の体調観察をすることです。

よくある問合せ

問1.同じ職場の人がPCR検査を受けています。会社としてどう対応すればいいですか。

陽性の場合は、始めにご本人の病状を確認し、必要な治療を受けられるよう対応するほか、行動の調査を行います。その後、必要に応じて、会社の調査を行います。まずは、PCR検査の結果をお待ちください。

問2.同じ店で働くスタッフがPCR検査を受けたら陽性でした。お店は休まなければなりませんか。消毒は必要ですか。

消毒等については、お店での感染の広がりや発生状況を勘案し、保健所から助言することもありますが、お店の判断となります。
消毒方法については、 新型コロナウイルス感染症に関する清掃・消毒について(PDF:303KB)を参照してください。

問3.濃厚接触者がいることが分かった場合、どのように対応すればいいですか。

濃厚接触者となった方には14日間の不要不急の外出自粛と健康観察をしていただきます。検査や症状が出た場合の受診は、かかりつけ医へ相談となります。かかりつけ医がいない場合は保健所へご相談ください。

問4.発熱して仕事を数日休んだが、会社から出勤するなら陰性証明が必要と言われたので、PCR検査をしてほしいのですが。

検査は医師が必要と判断した場合に実施しています。なお濃厚接触者ではなく、かつ無症状の場合の検査は自費となります。陰性証明の発行有無は、検査を受けた医療機関にお尋ねください。

問5.もし社員で陽性者が出た場合、会社として公表したほうがよいですか。

社会的に影響を及ぼす可能性が低い場合は、保健所から指示することはありません。独自判断により公表する場合は、個人情報の保護や人権への配慮に十分ご留意いただくとともに、事前に保健所にお知らせください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保健医療部 保健所 感染症保健対策課(東越谷十丁目31番地(保健所内))
電話:048-973-7531 ファクス:048-973-7534

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

感染症

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る