このページの本文へ移動

越谷市 Koshigaya City

現在地

更新日:2022年9月26日

ページ番号は54193です。

新型コロナウイルス陽性者の発生届の全数届出の見直しに伴う各種取扱いの変更について

 新型コロナウイルス感染症に感染した際の発生届について、全数届出の見直しがされました。
 それに伴い、以下の通り各種取扱いの変更が発生しました。

 この取扱いは、令和4年9月26日から適用となります。

1.医師による発生届の届出対象者の限定

医療機関を受診する等して医師の検査により陽性診断を受けた方のうち、医師から保健所へ発生届の届出を行われる方が以下の4つの場合(以下「4類型」)のみに限定されます。

※宿泊療養、パルスオキシメーターの借用、配食サービス等は、発生届の届出対象の方か届出対象外の方かに関わらず、支援の対象となります。ご希望の方は保健所(048-973-7531)までお問い合わせください。

2.発生届の届出対象外の方(4類型に該当しない方)の陽性者登録について

 4類型に該当しない方は、検査キットによる自己検査や医療機関を受診し検査を行った等のいずれの方法で陽性診断を受けた場合も、医療機関からの発生届の届出は行われないため、ご自身で「陽性者登録窓口」へ電子申請を行い、陽性者の登録をしていただく必要があります
 以下の埼玉県のホームページよりご登録をお願いします。
 

 
4類型に該当せず医療機関を受診し陽性診断を受けた方は、ページ中部にある「登録窓口(医師診断済)」を押下し、ご自身で陽性者登録をしてください。

   
4類型に該当せず検査キットによる自己検査で陽性となった方は、ページ下部にある「登録窓口(検査キット)」を押下し、ご自身で陽性者登録をしてください。

 なお、陽性者登録窓口に関する登録内容・操作方法のお問い合わせは以下の電話番号までお願いします。
 陽性者登録窓口コールセンター:0570-007-989(9:00〜18:00)
  

3.陽性者の外出自粛要請及び療養期間について

外出自粛要請

 陽性診断を受けた方の外出自粛要請は、発生届の届出対象の方か届出対象外の方かに関わらずこれまでの対応から変更はありません
   
 なお、発生届の届出対象外の方の健康観察については、従来のような発生届を基にした保健所での把握ができなくなり、ご自身で行っていただきます。
 そのため、発生届の届出対象外の方の健康状況の報告は、My HER-SYSへの入力にてお願いします
 また、体調悪化時等状況に応じて医療機関の受診やSMSで案内があった自宅療養者支援センター(24時間)へご相談ください
※陽性者登録が必要となるため、なるべく体調悪化前に陽性者登録窓口での登録を済ませ、事前に直通連絡先のご確認をお願いします。
   
 なお、陽性者登録窓口での登録が未登録の方が使える体調悪化時の緊急用の電話番号は以下になります。
 陽性者相談窓口:0570-089-081(24時間)
   

陽性者の療養期間について

 療養期間については、以下の通りこれまでと変更はありません。
   

(1)症状のある方(有症状患者)

 発症日を「0日」として、7日間経過し、かつ、症状軽快後24時間経過した場合には8日目から療養解除となります。

(注1)ただし、10日間が経過するまでは感染リスクが残るため、ご自身での健康状態の確認や高齢者等ハイリスク者との接触、高齢者施設などのハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けていただき、マスク着用など自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。

(注2)入院中の方や高齢者施設に入所中の方は従来どおり療養期間は10日間と変更はありません。
   

(2)症状のない方(無症状患者)

 検体採取日を「0日」として、7日間を経過した場合に8日目に療養解除となります。

 ただし、5日目の検査キットによる検査で陰性だった場合は、5日間経過後(6日目)に療養解除が可能です。

(注)なお、7日間が経過するまでは感染リスクが残るため、ご自身での健康状態の確認や高齢者等ハイリスク者との接触、高齢者施設などのハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けていただき、マスク着用など自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。
   

(3)療養期間中の外出について

 療養期間中においても、有症状の場合は症状軽快から24時間経過していること、または症状が無い場合(無症状の場合)は、外出時や人と接する際は短時間とし、移動時は公共交通機関を使わないこと、外出時や人と接する際に必ずマスクを着用するなど自主的な感染予防行動を徹底することを前提に食料品等の買い出しなど必要最小限の外出を行うことが可能です。
   

4.濃厚接触者の外出自粛について

 濃厚接触者の待機期間については、接触のあった陽性者が発生届の届出対象であったか否かに関わらず従来通り適用となるため、これまでと変更はなく外出自粛をお願いいたします。
 外出自粛期間についてもこれまでと同様に、新型コロナウイルス感染症陽性判明者と最終接触があった日を0日として翌日から5日間(6日目解除)は、外出の自粛(自宅待機)と健康観察をお願いします。なお、2日目及び3日目に抗原定性検査キットによる検査を行い、陰性であれば3日目から待機解除が可能であることもこれまでと同様となります。
   

5.療養証明書の取扱いについて

 発生届の届出対象者が限定されることに伴い、令和4年9月26日以降に陽性診断を受けた場合、療養証明書の発行については発生届の届出対象者である4類型いずれかに該当する方のみが可能となります。発生届の届出対象外の方については発生届の届出が行われないため、My HER-SYSや紙等いずれの方法でも療養証明書の発行はできなくなります。
   

発生届の届出対象の方(4類型に該当する方)

 医療機関から発生届の届出が行われることから、My HER-SYSから療養証明書を表示することができます。
※やむを得ない事情がある場合に限り、紙での療養証明書の発行も可能ですが、お手続き及び発行までに日数をいただきます。
   

発生届の届出対象外の方(4類型に該当しない方)

 医療機関から発生届の届出が行われないため、医療機関を受診し陽性診断を受ける又は検査キットによる自己検査で陽性となり、「陽性者登録窓口」へ電子申請で陽性者登録を行った場合もMy HER-SYSや紙に関わらず療養証明書の発行はできなくなります

通知書・療養証明書の発行について(図)

患者区分

My HER-SYS
療養証明書

電子申請
療養証明書

郵送申請
療養証明書

患者等届出事項通知書
及び
就業制限解除通知書※

届出対象者
入院なし

×

届出対象者
入院あり

× × ×

届出対象外
 

× × × ×

※「患者等届出事項通知書」及び「就業制限解除通知書」は療養を証明する書類となります。
※療養証明書の発行申請はこちら

関連リンク

この情報はお役に立ちましたか?
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いいたします。

(注釈2)ブラウザでCoolie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCoolie(クッキー)に対応していない場合はご利用いただけません。

感染症

ページ上部へ戻る