このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

地域包括ケアの実現に向けて、越谷市の取り組み

更新日:2018年1月17日

越谷市の地域包括ケアのあるべき姿・理想像を目指し、平成25年度からワーキングチームを設置し検討しました。

ワーキングチームの設置(平成25年5月〜平成27年6月)

設置目的

越谷市における「地域包括ケアシステム」の実現に向けて、課題及び取組みを検証し、各施策の有機的な連携と包括的な推進を図る。

ワーキングチームの組織

5つの領域(医療、介護、予防、住まい、生活支援)から選出
<医療>
・医師会
・歯科医師会
・薬剤師会
・病院医療連携室
<介護・予防>
・訪問看護ステーション
・地域包括支援センター
・介護支援専門員
<住まい>
・高齢者住宅関係者
<生活支援>
・民生委員・児童委員
・社会福祉協議会
<その他>
・有識者

ワーキングチームでの取り組み

会 議 日 時 内 容
第1回 平成25年5月30日 会議の進め方等
第2回 平成25年6月27日 5つの領域の課題
第3回 平成25年7月25日 上記課題を踏まえた、今後検討する項目について
第4回 平成25年8月29日 今後、検討する項目について
第5回 平成25年10月17日 検討項目のうち、重点的事項、部会の設置、今後の予定

検討した内容(6つの方向性)

1 在宅医療の充実・強化 在宅療養支援診療所の拡充
緩和ケア・ターミナルケアの推進
在宅医療、介護、福祉等の連携拠点の設置
訪問看護ステーションの充実
2 介護、福祉、住まいの充実 地域包括支援センターの地域との連携
高齢者の見守りネットワークの充実
高齢者の住まい及び生活支援の充実
予防の推進
3 情報システムの共有 関係機関の連携強化
関係機関を繋ぐ情報システムの導入
4 専門職のスキルアップ ケアマネジャーの資質の向上
地域包括支援センター職員の資質の向上
医師、歯科医師、薬剤師に対する介護保険制度の研修
5 認知症対策の強化 認知症初期集中支援チームの設置
市民後見人の養成
認知症サポーターの養成
6 地域ケア会議の推進 13地区ごとの地域ケア会議の設置
地区内の多職種の把握と選出
地域ケア会議の実施

ワーキングチームの下部組織の設置


検討部会1

検討部会2

構成員

医師会、歯科医師会、薬剤師会、訪問看護ステーション、市立病院、地域包括支援センター、ケアマネの会、埼玉県立大学、老健施設

医師会、歯科医師会、薬剤師会、訪問看護ステーション、市立病院、高齢者住宅関係者、民生委員・児童委員協議会、社会福祉協議会、地域包括支援センター、ケアマネの会、埼玉県立大学、老健施設

検討する内容
(越谷市が目指す方向性)

1.在宅医療の充実・強化
3.情報システムの共有
5.認知症対策の強化

2.介護、福祉、住まいの充実
4.専門職のスキルアップ
6.地域ケア会議の推進

成果

医療と介護連携の推進のための研修について※1
医療と介護の情報
認知症支援ガイドブック

越谷市地域ケア会議の概要※2

ワーキングチームのまとめ(平成27年6月4日開催)

各検討部会での協議結果をワーキングチームで承認されました。
今後は、平成27年度の制度改正に伴い、2025年を念頭に、地域包括ケアシステムの構築に向けた具体的事業の実施に向け、市長の附属機関である地域包括ケア推進協議会を設置します。
そのことに伴い、ワーキングチームは、発展的解消となりました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

福祉部 地域包括ケア推進課 地域包括総合支援センター(第二庁舎1階)
電話:048-963-9163 ファクス:048-963-9199

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る