このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

危機関連保証について(新型コロナウイルス感染症)

更新日:2020年6月23日

新型コロナウイルス感染症の影響により、全国の中小企業・小規模事業者の資金繰りが逼迫し、経営の安定に支障を生じていることから、危機関連保証の利用が可能となりました。
これは、一般保証及びセーフティネット保証とは別枠で最大2.8億円まで利用が可能となります。
詳しくは中小企業庁のホームぺージをご確認ください。

危機関連保証を利用するためには、市の認定が必要となり、申請ができる事業者は次のとおりです。
(法人)登記簿上の本店所在地又は事業実態のある事業所が越谷市内にあること
(個人)事業所の所在地が越谷市内にあること

指定期間

令和2年2月1日から令和3年1月31日まで
(指定期間内に融資実行まで行う必要があります)

※認定書の有効期限について
これまで認定書の有効期限は認定書の発行日から30日でしたが、令和2年1月29日から7月31日までに認定を取得した申請者はその認定の終期が令和2年8月31日となります。すでに認定書を取得し、終期が到来している場合も同様の扱いとなります。再発行が必要な場合、産業支援課(967-4690)までご連絡ください。

対象となる事業者

(1)金融取引に支障を来しており、金融取引の正常化を図るために資金調達を必要としている。
(2)新型コロナウイルス感染症に起因して、原則として、最近1か月間(申請日の前月)の売上高等が前年同月比で15%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期比15%以上減少することが見込まれること。
※創業後1年を経過していない方、1年前から店舗数や事業内容が増えている又は業態を変化したため、売上高等の減少要件を満たさない方については要件が緩和されています。詳しくは下段の『運用緩和について』をご覧ください。

危機関連保証の認定について

提出書類については、『提出書類一覧』をご覧ください。
「様式あり」となっているものは、下記よりダウンロードしてください。

※事業実態が越谷市内の事業所にあることが必要となるため、本店登記が市外にある法人の場合は「事業所所在地の届出書」をご提出ください。

運用緩和について

『認定基準の運用緩和について』をご覧いただき、該当する基準の申請書及び計算書をダウンロードしてください。
認定申請に必要な書類は次のとおりです。
・認定申請書(実印を押印) 2通
・計算書(実印を押印) 1通
・計算書に記入された月の売上高を確認することができる書類の写し
・履歴事項全部証明書の写し(法人の場合)
・直近の確定申告書の写し(個人の場合)
・業歴又は店舗や業況拡大していることがわかる書類の写し
・事業所所在地の届出書(市外に本店登記があり、市内に事業所がある法人の場合)

申請書および計算書

【運用緩和(1)】
最近1か月(申請日の前月)の売上高等と最近1か月を含む最近3か月間の平均売上高等を比較

【運用緩和(2)】
最近1か月(申請日の前月)の売上高等と令和元年12月の売上高等を比較及び、その後2か月間(見込み)を含む3か月の売上高等と令和元年12月の売上高等の3倍を比較

【運用緩和(3)】
最近1か月(申請日の前月)の売上高等と令和元年10月から12月の平均売上高等を比較及び、その後2か月間(見込み)を含む3か月の売上高等と令和元年10月から12月の3か月を比較

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

環境経済部 産業支援課(東越谷一丁目5番6号(産業雇用支援センター内))
電話:048-967-4680 ファクス:048-967-4690

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る