このページの本文へ移動

越谷市 Koshigaya City

現在地

更新日:2022年12月7日

ページ番号は9704です。

性暴力犯罪被害相談

性暴力被害とは

性暴力とは、性に対する人権侵害です。リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(性と生殖に関する健康と権利)を侵し、幸せで健康に過ごせないことを言います。
具体的にはこんなことを指します。

  • レイプ/強制性交(暴行・強制によって性行為をする)
  • わいせつ(暴行・強制によって性的に羞恥心を与える)
  • DV(ドメスティック・バイオレンス/近しい人からの暴力)
  • セクハラ(セクシャル・ハラスメント/性的嫌がらせ)
  • 痴漢(わいせつの一種/相手の意に反してわいせつな行為を行う)

これらはすべて性暴力であり、犯罪です!!

デートレイプドラッグ

最近では、デートレイプドラッグ(※)を利用した性暴力被害が後を絶ちません。
薬物の特徴は、眠くなる、体の力が入らなくなる、記憶がないなどの症状があります。
被害にあい、どうしたらよいかわからないなど、不安や悩みを抱えたかたは、警察や性暴力等犯罪被害者専用電話「アイリスホットライン」などへご相談してください。
ひとりで悩まず相談してみませんか?

※デートレイプドラッグ…睡眠薬等を飲み物に混入し、意識や抵抗力を奪ったうえで性暴力に使われる薬の総称

性暴力犯罪被害者支援相談窓口(リンク集)

都道府県の性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター全国共通短縮番号が令和2年10月1日から始まりました。
発信場所から最寄りのワンストップ支援センターにつながります。(埼玉県の場合、下記アイリスホットラインにつながります。)

性暴力などの犯罪被害にあった方を支援します。被害にあい、どうしたらよいかわからないなど、不安や悩みを抱えた方などお電話ください。

彩の国犯罪被害者ワンストップ支援センターは、犯罪被害に遭われた方やそのご家族等からのご相談に応じ、必要とする情報や支援を総合的に提供するため、埼玉県、埼玉県警察、公益社団法人埼玉犯罪被害者援助センターが一体となってワンストップ支援をしています。

性犯罪の被害にあわれた方の専用電話を開設しています。あなたの心に寄り添う相談電話です。一人で悩まずに、まずはご相談ください。

性犯罪被害者に対し、被害者の心情を踏まえた診療や適切な証拠採取手続に協力していただける医療施設です。
越谷市内では、越谷市立病院、産婦人科菅原病院、しらみず産婦人科クリニックの3施設が埼玉県被害者支援推進医療機関として委嘱されています。

思いがけない妊娠に関する相談

埼玉県では、思いがけない妊娠に悩む方が、相談支援を受けられるように、電話やメールで相談に応じる「にんしんSOS埼玉」を平成30年7月1日に開設しました。不安や悩みはひとりで抱え込まず、お気軽に相談ください。相談無料、匿名で相談していただくことができます。

越谷市の相談窓口

このページに関するお問い合わせ

市長公室 人権・男女共同参画推進課(第三庁舎3階)
電話:048-963-9113
ファクス:048-965-8028

より分かりやすいホームページとするため、ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
お求めの情報は見つけやすいものでしたか?

(注釈)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合は利用いただけません。

関連カテゴリ

ページ上部へ戻る