このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

生産緑地地区について

更新日:2018年4月1日

生産緑地地区とは

生産緑地地区とは、市街化区域内において、良好な都市環境を確保するため、緑地機能及び多目的保留地機能の優れた農地等を計画的に保全することを目的として都市計画で定める地区です。

生産緑地地区の指定について

市街化区域内にある農地等で、下記の要件に該当する一団の農地等については、生産緑地地区の指定が可能となります。

  1. 公害又は災害の防止、農林漁業と調和した都市環境の保全等良好な生活環境の確保に相当の効用があり、かつ、公共施設等の敷地の用に供する土地として適しているものであること
  2. 一団の農地等で面積が300平方メートル以上であること
  3. 用排水その他の状況を勘案して農林漁業の継続が可能な条件を備えていると認められるものであること

また、指定にあたっては、農地等利害関係者の同意を得た上で、都市計画決定等の手続きを経る必要があります。なお、当該生産緑地は農地等として、適正に管理しなければなりません。

※詳細は公園緑地課までお問い合わせ下さい。

生産緑地の買取りの申出について

生産緑地地区に指定された農地等は、次のいずれかに該当した場合は、市に対して、当該生産緑地の買取りを申し出ることができます。

  1. 生産緑地に指定(都市計画の決定告示の日)されてから30年を経過したとき。又は、特定生産緑地に指定されてから10年を経過したとき
  2. 農林漁業の主たる従事者が死亡し、もしくは農林漁業に従事することを不可能にさせる故障を有することになったとき

※2の場合には、農業委員会が発行する「生産緑地に係る農業の主たる従事者についての証明願」が必要となります。

特定生産緑地について

生産緑地に指定された場合、買取り申し出ができる時期は、「生産緑地地区の都市計画の告示から30年経過後や主たる従事者が死亡又は農林漁業従事が不可能とされる故障を有するに至った場合」とされていましたが、平成29年6月の法改正により、告示から30年経過する前に農地等利害関係者の同意を得て、特定生産緑地に指定する制度ができ、10年延期されることとなりました。また、特定生産緑地に指定してから10年経過した後は、同様に農地等利害関係者の同意を得て、繰り返し10年の延長ができるものです。
本市では、平成34年12月に指定後30年を迎えます。これまでに、特定生産緑地の指定を完了するため、今後、手続きを進めてまいります。

関連ダウンロードファイル

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

都市整備部 公園緑地課(本庁舎3階)
電話:048-963-9225 ファクス:048-965-0948

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る