ご存知ですか? 「サポカー」「サポカーS」

更新日:2019年6月12日

「サポカー」「サポカーS」とは

 高齢運転者の交通事故防止対策の一環として、国では、被害軽減(自動)ブレーキ等を搭載した車(安全運転サポート車)に、「セーフティ・サポートカー(サポカー)」「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」の愛称(略称)をつけ、官民連携で普及啓発に取り組んでいます。

セーフティ・サポートカー(サポカー)は、自動ブレーキを搭載した自動車で、運転者全般に推奨されます。セーフティ・サポートカーS(サポカーS)は、自動ブレーキに加え、ペダル踏み間違い時加速抑制装置等も搭載した自動車で、特に高齢運転者に推奨されています。(ただし、高齢者専用を意味するものではありません。)

 高齢運転者には、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故が多く見受けられます。そのため、被害軽減(自動)ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置等を搭載した「サポカーS」は、事故の防止や被害軽減の効果が期待されることから、特に高齢運転者に推奨されています。
 さらに、「サポカーS」には、搭載装置に応じて、以下の区分があります。

自動ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトを搭載した「サポカーS ワイド」、自動ブレーキ(対車両)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置を搭載した「サポカーS ベーシック+」、低速自動ブレーキ(対車両)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置を搭載した、「サポカーS ベーシック」の3区分があります。 ※1 マニュアル車は除く。   ※2 車線維持支援装置でも可。      ※3 自動切替型前照灯、自動防眩型前照灯又は配光可変型前照灯をいう。   ※4 作動速度域が時速30キロメートル以下のもの。

 なお、「サポカー」と「サポカーS」の区分および「サポカーS」の[ワイド/ベーシック+/ベーシック]の区分は、搭載している装置の違いによる分類であり、装置の性能の評価を行ったものではないため、「サポカー」より「サポカーS」の方が安全性能が優れているという意味ではありません。
 また、安全運転を支援する装置は、万能ではありません。作動には一定の条件があるため、作動しない場合があります。「サポカー」や「サポカーS」を使用する方も、装置を過信せず、安全運転を心がけましょう。

 サポカーに関する詳細は、下記のリンクをご確認ください。

お問い合わせ

市民協働部 くらし安心課(越ヶ谷四丁目1番1号(中央市民会館4階))

電話:048-963-9185

ファクス:048-965-8887