防火防災指導者人材バンクが廃止になりました

更新日:2017年4月1日

1 人材バンクの利用状況等について
 防火防災指導者人材バンク制度は、平成22年度に埼玉県が消防職・団員等のOB及び現職の持つ知識、経験及び技能を有効活用し、県民の防災意識の向上を目的として開始された制度です。
 この制度は、平成22年度の開始直後から公益財団法人 埼玉県消防協会に3年間業務委託され、平成25年度からは協会の自主事業となっていました。
 平成23年度以降の3か年度は、年間十数件の指導者派遣依頼がありましたが、平成26年度以降は2件から4件で推移し、激減している状況でした。

2 廃止理由について
 公益財団法人 埼玉県消防協会が公益法人に移行した平成24年4月1日以降は、「公益財団法人及び一般財団法人の認定等に関する法律」の定めるところにより、「公益目的事業」を常に50パーセント以上確保することが求められており、この事業比率を確保するため、「人材バンク制度」の業務を埼玉県から受託し、併せて他の公益目的事業の拡大を図ってきたところです。
 公益目的事業費率の確保に伴い、新規事業の拡大並びにそのことに伴う管理費の増大等により、平成25年度から27年度の経常収支は3か年度連続の赤字であり、平成29年度から会費の改正を予定しているところです。
 しかしながら、協会としても事業の見直しをはじめ、経費削減等の自助努力をし、より健全な経営を行っていく必要があります。
 これらのことから、経費及び管理費の削減を目的とし、現事業の中で特に費用対効果が望めない「人材バンク制度」が廃止になりました。

3 廃止期日
 平成29年3月31日

お問い合わせ

消防本部 総務課(大沢二丁目10番15号(消防本庁舎))

電話:048-974-0102

ファクス:048-974-0456