スプレー缶の取り扱いに注意しましょう!

更新日:2018年12月20日

ご家庭にあるスプレー缶の取り扱いについて

1 スプレー缶は、火気から離れた場所で使用し、火気の近くでガス抜き作業をしない。
 ※ 噴射されたガスに引火する恐れがあります。
2 スプレー缶を火気に近づけたり、高温になる場所に置かない。
 ※ スプレー缶の内部の圧力が高くなり、爆発する恐れがあります。
3 スプレー缶を処分する場合は、中身を使い切ってから、穴あけ等のガス抜き作業をしないで
 危険ゴミの日に処分する。 

火災事例1

カセットボンベを処分するため、台所で穴を開け作業をしていたところ、こんろの火がガスに引火し、周囲の可燃物が焼損した。

火災事例2

使用中のこんろ付近に殺虫剤のスプレー缶を置いていたため、スプレー缶が熱せられて爆発した。

処分に係る詳細は下記のリンク先を参照してください。

111

お問い合わせ

消防本部 予防課(大沢二丁目10番15号(消防本庁舎))

電話:048-974-0103

ファクス:048-974-0430