全国版救急受診アプリ「Q助」(きゅーすけ)

更新日:2018年5月9日

Q助 全国版救急受診アプリ「Q助」(きゅーすけ)

救急車を呼ぶべきか迷ったときに、症状の緊急度を素早く判定してくれるアプリ「Q助」(きゅーすけ)!

突然の病気やケガが発生した時、救急車をよぶ?自力で病院へ行く?様子をみる?
どうすれば良いのか悩んだ事はありませんか?

患者さんの状態(緊急度)を判定し、必要に応じた情報を提供するアプリ「Q助(きゅーすけ)」が消防庁で開発され、無料で提供されるようになりました。

救急車?病院?様子をみる? 迷ったとき

119 119番通報

「Q助」の概要

急な病気やけがをしたとき、該当する症状を画面上で選択していくと、緊急度に応じた必要な対応(「いますぐ救急車を呼びましょう」、「できるだけ早めに医療機関を受診しましょう」、「緊急ではありませんが医療機関を受診しましょう」又は「引き続き、注意して様子をみてください」)が表示されます。
その後、119番通報、医療機関の検索(厚生労働省の「医療情報ネット」にリンク)や、受診手段の検索(一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会の「全国タクシーガイド」にリンク)を行うことができるようになっています。

選択画面 1緊急度の高い症状選択 2年代別選択 3症状選択

赤色

いますぐ救急車を呼びましょう!
緊急度が高いと思われます。119番に電話してください。

黄色

できるだけ早めに医療機関を受診しましょう。
2時間をめやすに病院に行かれたほうが良いでしょう。

緑色

緊急ではありませんが、医療機関を受診しましょう。
夜間でしたら翌日の診察でもかまいません。

ダウンロード

チラシ Q助チラシ

ダウンロード

全国版救急受診アプリ「Q助」

お問い合わせ

消防本部 救急課(大沢二丁目10番15号(消防本庁舎))

電話:048-974-0107

ファクス:048-974-0137