下間久里の獅子舞

お知らせ

令和3年度の「下間久里の獅子舞」は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため中止となります。

下間久里の獅子舞のメイン画像

400年以上前から伝わる、家内安全・五穀豊穣を祈る舞

下間久里の獅子舞のサブ画像

 下間久里の獅子舞は、1594年(文禄3年)に京都から伝わったとされ、昭和54年に埼玉県の無形民俗文化財に指定されました。雨下無双角兵衛流とも呼ばれ、埼玉県東部や千葉県西部の獅子舞行事の源流とされており、春日部市や千葉県野田市に伝わったとされる記録も残っています。
 現在は毎年7月中の日曜日に行われ、神社で獅子舞が奉納された後、家内安全や五穀豊穣を祈願し、丸一日かけて地域の家々を回ります。

下間久里の獅子舞のサブ画像

開催日

7月中の日曜日(日程の詳細については広報こしがやお知らせ版7月号をご覧ください)
※令和3年度は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため中止となります。

会場

下間久里香取神社(越谷市下間久里1226)周辺

アクセス

東武スカイツリーライン大袋駅東口から徒歩約10分

問い合わせ

生涯学習課 電話:048-963-9315

地図

イベント開催のお知らせなど(お知らせがある場合のみリンクを表示します)