越谷のねぎ

更新日:2018年1月12日

 越谷ねぎは白身がしっかりとしまり、料理に使っても煮くずれせず、辛味と甘みが絶妙です。煮て、焼いて、揚げて、薬味で、どんな食べ方でもおいしさを発揮します。その品質の高さから、東京の有名料亭、高級料理店や蕎麦屋などでも使われている、高級食材として名高いねぎです。
 越谷のねぎ栽培が始まった時期ははっきりしませんが、古い資料から江戸時代から良質なねぎが栽培され、広く愛されていたていたと思われます。増森・中島・向畑などの自然堤防の広がる畑地で栽培されています。ネギは、主に増林地区や新方地区などで作付けされており、年間出荷量は2,110t(平成18年度、農林水産統計より)で県内第4位となっています。

ねぎ畑


越谷市の農産物について、もっと知りたい方は・・・

お問い合わせ

環境経済部 農業振興課(第三庁舎4階)

電話:048-963-9193

ファクス:048-963-9175