コシガヤホシクサの生育のようす(6月16日)

更新日:2021年6月16日

コシガヤホシクサは、葛西用水路で、播種実験を行っています。前回5月18日に続き、最近の生育状況をご紹介します。区画によってそれぞれ差はありますが、大きいもので3センチメートルくらいさに育っています。

実験区画での生育のようす

実験区画の写真

実験区画は、高さを上下2段階に設定しています。

実験区画の接近写真

上段の区画では、地表に若干水がかぶっています。葉が放射状になっているのがコシガヤホシクサです。

実験区画上段の写真

下段の区画は、水深が20センチメートル位あります。水面にある枯草のようなものは、根が十分育たず、水上に浮いてしまったコシガヤホシクサです。5~6月に、コシガヤホシクサが浮上してしまう現象がこれまでも観察されています。

実験区画下段の写真

浮上しなかったコシガヤホシクサは、水底でしっかり生長しています。上の写真でもうっすらと見えますが、水中では下の写真のように育っています。

実験区画下段の水中写真

播種実験の場所

お問い合わせ

環境経済部 環境政策課

電話:048-963-9183

ファクス:048-963-9175