退職金に係る税額計算

更新日:2010年8月17日

質問

 平成26年3月に退職します。退職金には、どのぐらい税金がかかりますか?

お答えします

 退職金にかかる市・県民税は退職金の支払いを受ける際に差し引かれます。
 次のようにして税額を計算します。

市・県民税額の計算式

 一般                      (収入金額-退職所得控除額)×1/2×税率10%
 勤続年数が5年以下の法人役員等   (収入金額-退職所得控除額)×税率10%

退職所得控除額の計算式

 ・勤続年数が20年以下の場合(1年未満の端数は切り上げ)    40万円×勤続年数(80万円未満の場合は、80万円)
 ・勤続年数が20年を超える場合(1年未満の端数は切り上げ)   70万円×(勤続年数-20年)+800万円

備考

 ・障害者になったことによって退職した場合には、控除額に100万円を加算してください。
 ・平成24年12月31日までに支払われるべき退職所得の計算方法や、法人役員等の計算方法については下記関連リンクをご参照ください。

関連リンク

お問い合わせ

行財政部 市民税課 市・県民税特別徴収担当(第三庁舎3階)

電話:048-963-9144

ファクス:048-960-1268