このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

大腸がん検診

更新日:2017年11月11日

平成29年度の大腸がん検診は平成29年11月10日をもちまして終了いたしました。

大腸がん検診について

実施期間

平成29年5月10日から平成29年11月10日まで

対象

市内在住の40歳以上の(かた)

内容

便潜血検査

費用

500円

受診回数

1人年1回になります。

実施会場

実施医療機関へ直接お申込みください。

検診結果について

検診の結果は、受診した医療機関で確認してください。

大腸がんについて

大腸がんは、食生活の欧米化に伴い、年々増加傾向にあります。特に、動物性脂肪・たんぱく質の摂取量の増加と、食物繊維の摂取量の低下が大きな要因といわれています。
早期であれば、治療成績も良好なため、検診による早期発見が重要です。便潜血検診を毎年受けている人は、受けていない人と比べて、大腸がんで亡くなる危険性は40%以下に減少するともいわれています。

ぜひこの機会に検診を受けましょう。

大腸がんについての詳しい情報は、国立がんセンターがん対策情報センターのホームページでご覧いただけます。

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)を申告される方へ

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、健康の維持増進及び疾病の予防として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。 セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、従来の医療費控除とは別の新たな所得控除であり、同時に利用することはできません。一定の取組には、市町村が実施しているインフルエンザ等の予防接種やがん検診等も対象となります。この適用を受けるためには税務署で確定申告を行う必要があり、取組を行った証明書類(領収書、予防接種済証、検診の結果通知書等)の提出が必要となりますので、保管をお願いします。詳しくは、厚生労働省のホームページをご確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保健医療部 市民健康課 成人保健(東大沢一丁目12番地1(保健センター内))
電話:048-978-3511 ファクス:048-979-0137

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る