このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

『あおり運転』は危険!厳罰の対象です!

更新日:2020年6月17日

「あおり運転」(妨害運転)は、神奈川県の東名高速道路で2017年6月に起きた、あおり運転で夫婦2人が亡くなるなど、ここ数年、大きな社会問題となっております。
「あおり運転」(妨害行為)は、重大な交通事故につながる極めて悪質かつ危険な行為です。
車を運転する際は、「不要な急ブレーキ」「無理な追い越し」「車間距離不保持」などは絶対にやめましょう!

妨害運転罪の創設

令和2年6月30日施行の改正道路交通法により、妨害運転(「あおり運転」)罪に対する罰則が新たに創設されました。

あおり運転行為と罰則

行  為 違法行為10類型 罰  則 行政処分
交通を妨害させる目的で危険が生じると予測させる行為をした場合
【妨害運転(交通の危険のおそれ)】
・対向車線からの接近や逆走
・不要な急ブレーキ
・車間距離を詰めて異常接近
・急な進路変更
・左からの追い越しや無理な追い越し
・ハイビームの執拗な継続
・不必要なクラクションの反復
・幅寄せや急な加減速
・高速自動車道の本線車道での低速走行
・高速自動車道や自動車専用道路での駐停車
3年以下の懲役
または
50万円以下の罰金
(違反点25点)
免許取消し
(欠格期間2年)
※前歴や累積点数がある場合には最大5年
高速自動車国道や自動車専用道路で著しい危険を生じさせた場合
【妨害運転(著しい交通の危険)】
5年以下の懲役
または
100万円以下の罰金
(違反点35点)
免許取消し
(欠格期間3年)
※前歴や累積点数がある場合には最大10年

◎さらに…
・重大事故につながる速度で走行している車の通行を妨害する目的で、前に割り込むなどして停止したり接近する行為
・高速自動車国道や自動車専用道路で、通行を妨害する目的で、走行中の自動車の前で停止したり接近したりし、その自動車を停止・徐行させる行為
をして人身事故を起こした場合、自動車運転死傷行為処罰法の「 危険運転致死傷罪」に問われます。

もしも「あおり運転」に遭遇したら・・・

○挑発に乗ることなく、できるだけ道路の左端に寄るなどして相手を先に行かせましょう。
○高速道路上であおられた場合は、サービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)に入り、車を止めましょう。
○110番通報をして車内で警察の到着を待ちましょう。
※ドアをロックし、車外に出ないようにする。
       
あおられ防止や、事故・トラブルの際に証拠を残すため、ドライブレコーダーを設置して備えるのも効果的です。
       
      

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

市民協働部 くらし安心課(新本庁舎3階)
電話:048-963-9185 ファクス:048-965-8887

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る