このページの本文へ移動

越谷市 Koshigaya City

現在地

更新日:2023年1月5日

ページ番号は58401です。

越谷市指定 記念物・史跡 見田方遺跡

遺跡の概要

見田方遺跡(みたかたいせき)は昭和41・42年に発掘調査された古墳時代後期(5世紀後半から6世紀)の遺跡です。当時の住居跡が発掘され、土器や糸を紡ぐための道具(紡錘車)、武器や装飾品を石で模造した祭祀のための道具(石製模造品)、漁業用のおもり(土錘)などが出土しています。
昭和42年に市の史跡に指定し、保護を図っています。

出土品の展示場所

出土品は越谷市指定有形文化財「旧東方村中村家住宅」内の、昔を伝える展示室に展示しています。

見田方遺跡から出土した土器の写真
見田方遺跡から出土した土器

見田方遺跡発掘調査報告書 

昭和46年に発掘調査報告書を刊行しています。
市立図書館・南部図書室・中央図書室で閲覧できますので興味のある方はぜひご覧ください。市立図書館・南部図書室・中央図書室では貸し出しも行っております。
また、外部サイト全国遺跡報告総覧でのPDFデータ公開は現在準備中です。

遺跡の位置

このページに関するお問い合わせ

教育総務部 生涯学習課(第三庁舎3階)
電話:048-963-9315
ファクス:048-965-5954

より分かりやすいホームページとするため、ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
お求めの情報は見つけやすいものでしたか?

(注釈)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合は利用いただけません。

ページ上部へ戻る