このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

カンピロバクター

更新日:2019年1月16日

カンピロバクター食中毒を防ぐために

カンピロバクターとは

カンピロバクター食中毒は、毎年300件前後発生しており、近年の事件数において最も多い食中毒です。
カンピロバクターは鶏や牛、ペット等の腸管内に生息する細菌です。
カンピロバクター食中毒が発生する主な食品や感染源として、生の状態や加熱不十分な鶏肉、カンピロバクターに汚染された調理器具の取扱い不備により、食品を汚染すること等が挙げられます。

症状

発症するまで、2〜7日間ほどかかります。
主な症状として、下痢、腹痛、発熱、おう吐等です。

予防方法

「新鮮だから安全」ではありません。

  • 鶏肉や牛、豚レバーなどは中心までしっかり加熱して食べましょう。
  • 生肉などを調理した後は、手指や調理器具を十分に洗いましょう。
  • 洗浄した調理器具や食器は、熱湯等で十分消毒し、よく乾燥させましょう。

外部リンク

お問い合わせ

保健医療部 保健所 生活衛生課(食品・環境・薬事)(東越谷十丁目31番地(保健所内))
電話:048-973-7533 ファクス:048-973-7536

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

食中毒に関すること

このページを見ている人は
こんなページも見ています

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る