このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

越谷市重度心身障害者医療費支給制度

更新日:2018年12月1日

制度の概要

 重度心身障がい者の福祉の推進を図るため、医療保険各法による医療給付に係る一部負担金について助成金を支給します。
 対象者は、資格登録申請書を提出してください。対象者と認定したときは、「受給資格登録者」として登録します。その後、所得判定を行い、受給者と認定し、医療費助成金を支給する場合は、「受給者証」を交付します。
 ※平成30年12月31日までに受給資格の登録を受けた受給者には、平成34年(2022年)9月までは所得判定は、適用されません。

対象者(受給資格登録者)

(1) 市内に住所を有する重度心身障がい者
(2) 市から援護を受け、市外にある障害者支援施設に入所等している重度心身障がい者
(3) 県から障害児入所給付費の支給を受け、市外にある障害児入所施設等に入所している重度心身障がい者
(4) 国民健康保険の住所地特例により、越谷市の国保に加入し、市外の施設に入所している重度心身障がい者
(5) 後期高齢者医療制度の住所地特例により、埼玉県後期高齢者医療制度に加入し、県外の施設に入所している重度心身障がい者

重度心身障がい者
手帳の種類と障害程度

身体障害者手帳1級、2級、3級

療育手帳○A、A、B
精神障害者保健福祉手帳1級

65歳以上75歳未満で、埼玉県後期高齢者医療広域連合の障がい認定を受けている方

75歳以上で市長の障がい認定を受けた方

【対象外となる重度心身障がい者】
(1)平成27年1月1日以降に65歳以上で新たに重度心身障がい者になった方
(2)生活保護受給者又は中国残留邦人等支援給付制度適用者
(3)里親等に委託されている方

受給者(医療費助成金の支給を受けることができる方)

 受給資格の登録を受けた方の所得の額が次の所得制限限度額を超えない場合、受給者として医療費助成金の支給を受けることができます。
 受給者として認定された方には、受給者証を交付します。

医療費助成金の支給対象外となる目安
扶養親族等の人数 所得制限限度額
0人 360万4,000円
1人 398万4,000円
2人 436万4,000円
3人 474万4,000円
4人

512万4,000円

5人目以降

1人増えるごとに38万円を加算

(注)
・扶養親族が、同一生計配偶者又は老人扶養親族の場合は、さらに1人につき10万円を加算
・特定扶養親族(19歳以上23歳未満)の場合は、さらに1人につき25万円を加算

【平成30年12月31日以前の資格取得者】
 受給資格の登録を受けた受給者には、受給者証を交付します。
 受給者証の有効期限である平成34年(2022年)9月までは、所得の状況に関係なく医療費助成金の支給を受けることができます。

医療費助成の対象及び支給内容

 医療保険の適用される医療費のうち、保険適用後の自己負担額から高額療養費、附加給付等他の制度による支給分を除いた額を支給します。

支給対象について
対象となるもの (1)保険診療一部負担金
(2)保険調剤一部負担金
(3)治療用装具(医師が必要と認めた補装具で、保険者の療養の給付後の一部負担金)
対象とならないもの

(1)保険診療一部負担金に対して他の制度から本人に支給される医療費
(2)入院時の食事療養標準負担額
(3)精神病床への入院費(精神障害者保健福祉手帳1級の方で、埼玉県後期高齢者医療広域連合等の障がい認定を受けていない方のみ)
(4)保険外診療自己負担分(保険が適用されないもの)個室料・おむつ代・健康診断・予防接種の費用、生活療養標準負担額、物品代など
(5)診断書・証明書などにかかった文書料・手数料
(6)介護保険自己負担分
(7)労災(仕事中のけが)・第三者行為(交通事故等)

支給方法について

 支給方法は2通りです。

現物給付
(市内医療機関等)

医療機関等(医科、歯科、調剤薬局)の窓口や指定訪問看護業者に医療費の支払をしない支給方法
市内の医療機関等において、受給者証と健康保険証を提示することにより、窓口払がなくなる支給方法です。
※償還払いの医療機関等もあります。

償還払い

医療機関等窓口で医療費の支払をして支給する方法
受給者が、医療機関等の窓口で一旦医療費を支払い、市に医療費請求書と領収書を提出することで助成金が振り込まれる支給方法です。

※越谷市が発行する国民健康保険証、後期高齢者医療被保険者証以外の健康保険に加入されている方は、現物給付を利用される場合、2万1,000円が上限となります。2万1,000円を超過した場合は、月の初めに遡って全て償還払いとなります。
※償還払いの方法については加入医療保険ごとに掲載してあるこちらのページもご参照ください。

重度心身障害者医療費受給者証

 資格の取得時期により2種類あります。(みどり色又はグレー)
 (1)平成30年12月31日まで
    みどり色の受給者証(有効期限:平成34年(2022年)9月30日)
 (2)平成31年1月1日から
    グレーの受給者証(有効期限:平成31年(2019年)9月30日)

提出書類

【資格の登録】
重度心身障害者医療費受給資格登録申請書

【受給者証の破損、亡失】
重度心身障害者医療費受給者証再交付申請書

【登録事項の変更及び喪失】
重度心身障害者医療費受給資格内容等変更(喪失)届

受給者証の一斉更新

 毎年10月1日に一斉更新します。
 ただし、みどり色の受給者証をお持ちの方の次回一斉更新日は、平成34年(2022年)10月1日です。
 グレーの受給者証をお持ちの方の次回一斉更新日は、平成31年(2019年)10月1日です。
 (65歳・75歳到達者や障がい者手帳再認定等の方は除く)

 更新時に所得審査を行い、10月1日から翌年9月30日までの間における医療費助成金の支給の可否が決定されます。
 受給者と認定された方には、受給者証が交付されます。

お問い合わせ

福祉部 障害福祉課(第三庁舎1階)
電話:048-963-9164 ファクス:048-963-9171

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る