このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

日本特種ボディー株式会社が中小企業庁『2021はばたく中小企業・小規模事業者300社』に選ばれました!

更新日:2022年4月12日

『はばたく中小企業・小規模事業者300社』の選定について

毎年、革新的な製品・サービス開発、地域経済の活性化、多様な人材活用の観点から、優れた取組みを行っている企業を、中小企業庁が「はばたく中小企業・小規模事業者300社」として選定しています。2021年度は、「生産性向上」、「需要獲得」、「人材育成」の3つの分野で選定され、市内に本社を置く日本特種ボディー株式会社が「需要獲得」部門で選ばれました。

日本特種ボディー株式会社について

会社名 所在地 電話/URL 代表者
日本特種ボディー株式会社 越谷市小曽川568-1

048-970-1370
https://ntbcamp.co.jp/

蜂谷 愼吾

日本特種ボディー株式会社は、代表である蜂谷さんの安全性の高いキャンピングカーを作りたいという想いから2014年に設立されました。キャンピングカーの製造・販売を専門としており、設計から車内の家具製造まで全てを自社で行っています。全ての工程を自社で行っているため、顧客のニーズにオーダーメイドで対応することができ、全国から高い評価を得ています。また、様々な要望に応えていった経験から開発した「SAKURA」は、オーダーメイドをかけなくてもほとんどの顧客が満足できる標準仕様となっており、今では同社の人気モデルとなっています。

品質、安全性にこだわったものづくりを

同社は、製品の品質、安全性にこだわった純国産のキャンピングカーを製造しており、その安全性を重視したものづくりが評価され、いすゞ自動車からは堅牢なベース車両「Be-cam」の供給を受けています。また、安全性を保ちながらも、大容量バッテリーとソーラーパネルの搭載や、日本の住宅の建築基準であるF☆☆☆☆(フォースター)に準じた化学物質の検査の実施など、徹底した顧客目線のものづくりを行っています。

レンタル事業と災害復興支援への思い

 同社ではキャンピングカーのレンタル事業も展開しており、昨年の10月には、東京ソラマチにショールームをオープンし、今後もショッピングセンターを中心にレンタル事業を展開していく予定です。
 同社のレンタル事業については、代表の蜂谷さんの災害復興支援に対する思いがあります。熊本地震の時に、キャンピングカーの業者が無料で貸し出しをしていましたが、運転に不慣れな方が利用することにより、壊れて戻ることも多く、事業者の負担が大きいという課題があったそうです。災害があったときに災害支援車両として、あらかじめ協定で取り決めた価格で優先的に貸し出しを行いますが、普段はレンタカーとして運用させる事で負担が軽減されるため、継続的な支援を行うことができます。そのような思いから、蜂谷さんは、自身が副会長を務める一般社団法人日本カーツーリズム推進協会を通して、自治体との防災協定を結び、有事の際にキャンピングカーを活用できる仕組みを進めています。
 また、一昨年開発した「EXPEDITION EAGLE」は、災害復興支援団体の一般社団法人日本笑顔プロジェクトと共同開発を行い、電源設備や上下水を蓄えるタンクなどの従来機能の他に、悪路でも安定した走行を保つことが出来る性能やエントランス奥のトイレまで、外履きのまま入ることを可能としています。災害ボランティアの声を取り入れたこのキャンピングカーは、アウトドア以外に災害時の活用も想定して作られました。

カーツーリズムの推進と地域活性化への貢献

同社は、代表の蜂谷さんが副会長を務める一般社団法人日本カーツーリズム推進協会と協業し、自治体に対するカートラベルの普及促進にも取り組んでいます。温泉施設の駐車スペースなど、カーツーリズムのインフラ整備を進めることで、地域の観光需要創出に貢献し、宿泊施設を作れない国立・国定公園を保護しつつ、持続可能な観光資源としての活用を促進しています。

中小企業経営者の方への一言(代表取締役社長 蜂谷愼吾)

この度は、「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選定され、大変うれしく思います。
起業から8年ほど経ちますが、当初はどこにも世話に成らず、全て自社努力で経営を進めていこうと考えておりました。しかし、様々な壁にぶつかり、同時に経営についても絶えず不安も感じておりました。
その様な時に、取引をさせていただいている信用金庫の担当の方から、経済産業省が進めるチーム伴走型支援という、中小零細企業の悩みを様々な知見を持つコンサルタントの方々が経営者と一緒に考え、問題を解決していくというプログラムを薦められ、これに参加することで弊社が抱える問題の解決をさせて頂きました。
結果、弊社はそれまでとは比べられない程の速度で成長する事が可能となり、様々な方々のご尽力があったからこそ今回の300社の選定に繋がったのだと思います。
同じように起業されて日々努力されている経営者の方々にお伝えしたい事は、このような国や自治体、金融機関等が薦める支援に積極的に参加されるのを強くお勧めしたいと思います。皆様の競合他社もこのような支援を活用している。そして、活用しないという事は、その分だけ自社が不利になっていく事を意識する事が大切だと思います。
 頂いたアドバイスには、達成するのに困難なこともあるかもしれません。
 しかし、その困難を超え、少しでも結果が見えるようになると、考え方が大きく変わると思います。
 そのような機会があれば是非ご参加ください。
 皆様からありがたいご指導を頂き、弊社はこれからも社会に貢献出来るよう励んでいきます。

日本特種ボディー株式会社 代表取締役 蜂谷愼吾

代表取締役蜂谷愼吾氏の写真
【代表取締役 蜂谷愼吾氏】

お問い合わせ

環境経済部 経済振興課(第三庁舎4階)
電話:048-967-4680 ファクス:048-963-9175

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る