このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

「会社がつくる保育園」について、新たな助成制度がはじまりました。

更新日:2020年8月4日

企業主導型保育事業について

「会社がつくる保育園」への新たな助成制度として、企業主導型保育事業が新しく創設されました。
企業主導型保育事業とは、平成28年4月から創設された仕事・子育て両立支援事業の一つであり、従業員のための保育施設の設置・運営の費用について、助成を行うものです。
この企業主導型保育事業は、働き方に応じた多様で柔軟な保育サービスが提供できるとされ、また、運営費・整備費について、認可施設並みの助成が受けられるとされています。

企業主導型保育事業の概要

以下の内閣府からの情報を御確認ください。

企業主導型保育事業の助成申請等について

以下の内閣府からの情報を御確認ください。

企業主導型保育事業を運営されている事業者様へ

10月より実施された幼児教育無償化に伴い企業主導型保育の利用者については、
施設等利用給付認定を申請できないとされました。
加えて、企業主導型保育を利用する保護者は、入退所時(小学校就学による退所は除く。)に
利用施設を通じて、企業主導型保育の利用状況を居住地市区町村に報告する必要があります。

10月1日以降に新たに入園した児童で越谷市に住民票がある保護者に対し、
企業主導型保育利用報告書を配布し、各施設で取りまとめた後、入園日の属する月の
20日(4月入所の場合は3月10日)までに越谷市子ども育成課までご提出ください。(郵送可)

また、10月1日以降、施設の利用を終了する児童で越谷市に住民票のある保護者に対し、
企業主導型保育利用終了報告書を配布し、各施設で取りまとめた後、
すみやかに越谷市子ども育成課までご提出ください。(郵送可)

なお、地域枠利用児童で教育・保育給付認定を受けていない児童については、
「教育・保育給付認定申請書(2・3号企業主導型保育地域枠認定用)」
保育の必要性を証明する書類(勤務証明書等)の提出が必要となります。

※証明書類は、保護者全員分(祖父母は不要)提出してください。
認定を受けているか不明な場合は、子ども育成課までお問合せください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

子ども家庭部 子ども育成課(第二庁舎2階)
電話:048-963-9167 ファクス:048-963-3987

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る