このページの本文へ移動

越谷市 Koshigaya City

現在地

更新日:2023年2月15日

ページ番号は65397です。

越谷市はサントリーグループ(県内初)と、ペットボトルの「ボトルtoボトル」水平リサイクルの推進に関する協定を締結しました

越谷市とサントリーグループは、ペットボトルから再びペットボトルに再生する「ボトルtoボトル」水平リサイクル事業に関して、令和5年2月6日(月)に協定を締結し、令和5年度より事業を開始することとしました。

この「ボトルtoボトル」水平リサイクルは、資源を繰り返し利用することが可能であり、新たに石油由来原料からペットボトルを作るのに比べてCO2排出量を削減できるものとなっています。本協定により、市民の皆様から資源物として排出されたペットボトルは、「サントリー製飲料ペットボトル」として再生して流通することになります。このように、ペットボトルの再生先が「見える化」されることにより、市民の皆様のリサイクル意識のさらなる向上も期待されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

         福田市長(左)とサントリーHD藤原様(右)

水平リサイクルの流れ(PDF:163KB)

 

「ボトルtoボトル」水平リサイクルについて

 越谷市が家庭から収集するペットボトルは年間約970t(令和3年度)あり、小容量製品(500ml程度)で約4,850万本の原料に相当します。この全量を「ボトルtoボトル」水平リサイクルすることで、再生先の「見える化」を図ることができます。本市は、市民の皆様のご協力を得ながら、より一層リサイクルの推進やCO2の排出量の削減など循環型社会と脱炭素社会の実現に向けて取り組んでまいります。

水平リサイクルについて(PDF:124KB)

 

ペットボトルの排出方法について

水平リサイクルの開始によるペットボトルの排出方法は変わりません。引き続きペットボトルの適切な排出にご協力をお願いいたします。

(1)キャップとラベルを外す

(2)すすぐ

(3)つぶす

(4)黄色のカゴに入れてネットをかけてください

このページに関するお問い合わせ

環境経済部 資源循環推進課(第三庁舎4階)             電話:048-963-9181 ファックス:048-963-9175

より分かりやすいホームページとするため、ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
お求めの情報は見つけやすいものでしたか?

(注釈)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合は利用いただけません。

関連カテゴリ

ページ上部へ戻る