このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

うずくまっている野鳥を見つけたのですが?

更新日:2016年6月7日

質問うずくまっている野鳥を見つけたのですが?

お答えします

道路や田畑、建物の陰などで、シラコバトやツバメ(またはそのヒナ)などがうずくまっているのを見かけることがあります。

 「血が出ている」「羽が傷ついている」など、ケガをしている場合には環境政策課までご連絡ください。(傷ついた野鳥を保護したときは、お菓子の箱やミカン箱などの適当な箱に入れておきます。)
 成鳥(大人の鳥)で特にケガ等が見られない場合は時間が経てば飛び立つことがありますので、しばらく見守ってあげてください。

 ヒナは、必ずしも親鳥からはぐれた迷子であるとは言えません。親鳥が近くで見守っていることがあります。親鳥は大変用心深いので、私たちがヒナに近づけば姿を隠してしまいます。私たちがヒナを連れ去ってしまうと、親鳥から引き離すことになってしまいますので、まわりをよく確認して、ほんとうにはぐれたヒナか確かめてください。

 「特にケガ等は見られないが、うまく飛べない」というときは、若鳥が巣立ちの時期を向え、羽ばたきの練習中であることが考えられます。その場合も、親鳥が近くで見守っていることがありますので、そっとしておいてあげましょう。

お問い合わせ

環境経済部 環境政策課(第三庁舎4階)
電話:048-963-9183 ファクス:048-963-9175

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

よくある質問

  • うずくまっている野鳥を見つけたのですが?

このページを見ている人は
こんなページも見ています

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る